久が原 料理教室 旅するKitchen

カテゴリ:旅行 国内( 29 )

大阪、うどんすき。

所用があり、昨日、一泊で弾丸大阪に行ってきました。
自由な時間に学生時代の友人に会えて二人で夕ご飯。大阪らしいものが食べたいな、という私に、幾つか候補をあげてくれたのですが、その中で私が選んだのがここ。東京にも店舗はあるけれど、やっぱりこれは大阪で食べたい!
ちょうど昨日から寒波が到来し、外を歩いていても寒い!と声が出そうになるほどだったので、カンペキなチョイスです。今年の冬のはじまりは、うどんすき。なかなか、いい感じです。笑

オーダーはもちろん、看板メニューのうどんすき。

c0237291_22042893.jpeg

しっかり目のおうどんに、そして美しい具の数々。鶏肉、穴子、生麩、湯葉、飛龍頭、そして白菜やしいたけ、にんじんなどのお野菜。本当にきれいに彩良く並べられていて、食べる前からうれしくなります。ちなみに海老は、活き海老とゆで海老が選べたので、活きたものをお願いしました。海老は、ぴちぴちしていますが、はねないようにしっかりつかんでお鍋に入れると、しばらくすると動かなくなります。
私は日本人だから大丈夫だけれど、海外の人にはハードルが高いかも。以前、お造り(新鮮で、尾が時々動いていました)を見たアメリカ人がかなりショックを受けて食べられなかったことがあります(^^; 
薬味は、ねぎにしょうが、もみじおろしにレモン。
c0237291_22194972.jpeg
金色に輝くおだしが鍋に注ぎ入れられ、おうどんと具を加えて煮ます。このおだしは、食べ始めももちろん美味しいのですが、いろいろな具を加えていくとどんどん味が複雑になり、うまみが増していきます。少なくなってきたらもちろん継ぎ足していただけるので、うどんや具と一緒にゆっくり味わうことができます。
c0237291_22275259.jpeg

大満足の夕ご飯でした。
お腹がいっぱい、寒いけれど大阪駅周辺を少し歩きました。大阪駅北側の再開発エリアは、グランフロントという複合商業施設ができて美しく整備されていました。
c0237291_22212623.jpeg
とても素敵なエリア。もう遅かったので閉店していましたが、入ってみたいお店もたくさん。

締めくくりは、ホテルのバーで。こちらもとても素敵でした。ウイークデイなのでそんなに混んでいなかったので良かった。ホテルのバーなんて、めったに、というか、普段はまったく行かないけれど、こんな時はいいですよね。
c0237291_22302755.jpeg

シャンパンを一杯ずつ飲んで、一時間だけおしゃべり。昔話から近況、家族の話、そしてこれからのことまで2人でしばし、しみじみしました。女同士の楽しい夜のお出かけ。付き合ってくれたEちゃん、ありがとう。

by traveling-cooking | 2016-11-10 22:53 | 旅行 国内 | Trackback | Comments(0)

弾丸京都

シルバーウィークも終わり、そろそろ10月。所用があり弾丸トリップで京都にやってきました。東京よりずいぶん暑い京都。また夏に戻ったような気分。京都駅前では、涼しさのミストを上から降らせて涼のおもてなしをしていました。 ああこれが東京オリンピックの暑さ対策ね、と興味津々で見入ってしまいました。笑

お昼は時間があったので、泊まったホテルの中にあるこちらで、ランチにお弁当。さすがの美味しさです。上品としか言いようのないお味です。見た目の美しさ、季節感もたっぷりです。
c0237291_1527372.jpg

幼かった息子たちを連れて来て以来、確か15年ぶりの二条城を見てまわりました。
c0237291_167067.jpg

c0237291_15274886.jpg

あの頃と違うのは、参拝客の半分以上が外国からの観光客なこと。観光都市京都はいたるところに英語中国語の表示がありました。ガイド役の通訳さんに、将軍って、首相とどう違うんですか?と聞いている人もいました。文化歴史の予備知識のない方に、わかりやすくしかも簡潔に説明するの難しいですよね。
c0237291_15311839.jpg

はるか遠い国から来た方達の目には京都のお城はどんな風に映っているのかな、と考えたりしながら歩きました。
京都タワーは昭和らしい、シンプルなフォルム。夜見てもレトロで綺麗です。
c0237291_16302588.jpg
ボケててごめんなさい!
by traveling-cooking | 2015-09-29 17:46 | 旅行 国内 | Trackback | Comments(1)

松本城とお蕎麦

c0237291_11131513.jpg

特にお城マニアではないのですが、国宝・松本城は大好きです。
町の真ん中に建つ、その堂々とした姿。カラス城という名前の通り、黒い天守閣が重厚で落ち着きがあり、とても上品です。
前回は桜の頃に来ましたが、真冬に来るのは初めて。
c0237291_1117498.jpg
c0237291_11133178.jpg

松本城に来ると、毎回写真も撮りますが、前に座ってその姿をじっと見つめるのが好きです。時間の経つのを忘れるくらい。 ぴりっと引き締まった真冬の空の下にたたずむお城もまた春とは違った雰囲気で見とれてしまいました。こんなお城がいつも近くで見られる松本の人は幸せだなあと思うのですが、いつも見られるとそれほど思わないのでしょうか?

お城の近くにある、お蕎麦屋さんにお昼ご飯に行きました。予約しないと入れないこのお店、名前は三城。さんじろと読みます。
c0237291_11143898.jpg

のれんがかかっていますが、何のお店だか外からは全くわかりません。
中に入って座ると、迎えてくださるのは、紬の着物をさらっと粋に着こなした、素敵な年配の女主人。メニューは何もなく、座ると当たり前のように日本酒が運ばれてきて、続いてそれはそれは美味しいおつまみが幾つも運ばれてきます。きのこのみぞれ和えだったり、お漬物だったりするのですが、どれもお味は絶品。
なれなれしい接客ではなく淡々としているこの女主人、”日本酒の樽のささくれがお酒にはいってしまっているけど、でも、このお酒、美味しいでしょう?”なんてつぶやくように言いながらお皿をテーブルに置いていくさまは、なんだかどこかのシアターでこの女性の一人芝居を見ているような感じもしてくるくらい、独特の雰囲気。しびれます。インテリアもシンプル。ほとんど飾りがない室内は、とても落ち着きます。
最後に出てくるお蕎麦は太目で色は黒っぽくコシがありました。蕎麦湯も美味しかったです。
客層も落ち着いていて、お昼から日本酒を飲むということに違和感を感じない、素敵なお店でした。(写真は、とても撮れる雰囲気ではなかったのでありませんが、ぜひ、松本にいらしたら立ち寄られることをお勧めします。予約要です。)
by traveling-cooking | 2014-12-21 11:24 | 旅行 国内 | Trackback | Comments(2)

真冬の松本1

先々週の金曜日、レッスンが終わったあと、夜になってから車で出発。向かった先は...
真冬の松本、浅間温泉です。
おりしもの大雪、途中で不安になるほど強く降ってきて、宿泊先の方が心配して私の携帯にお電話をくださるほど。でも、なんとか無事にたどり着き、ほっとしました。聞けば、この日は今年一番の冷え込みだったとか。
朝起きて、窓の外を見たら、すでにこんな感じ。わーっと声が出てしまいました。
c0237291_15172116.jpg


松本には、毎年のように夫と二人で来ています。とくに知り合いがいるわけでもなく、今まで住んだこともないことを思うと、不思議です。
どうしてこれほど松本に魅かれるのか、来るたびに考えます。大きな都市ではないのですが、文化度が高い街だと来るたびに思います。街並みの美しさもそうですが、おしゃれなお店もたくさん。美味しいものもそろっています。人々も親切、とにかく心地よいのです。
以前、食事をしたフレンチのビストロのご主人に、どうしてこんなに洗練されているのでしょうかとお尋ねしたら、毎夏の小澤征爾氏総指揮のサイトウキネンフェスティバルをはじめいろいろな文化的催しもあり、国内海外を問わず観光客も多いのでおのずと鍛えられているのではないでしょうか、と、笑顔で返事が返ってきました。そういえばまつもと歌舞伎も毎年でしたものね。

c0237291_15165265.jpg

真冬の松本、これは街中の写真です。ファッションビルの前に飾られていた大きなクリスマスツリー、上に載っていたのはなんと本物の雪!
by traveling-cooking | 2014-12-15 15:21 | 旅行 国内 | Trackback | Comments(0)

箱根女子旅3

箱根女子旅の締めくくりは、宮ノ下のクラシックな富士屋ホテルに寄りました。
こちらのメインダイニング、ザ・フジヤでランチです。
c0237291_8562410.jpg

c0237291_8532618.jpg
こちらの写真はHPよりいただきました。

室内は、歴史を感じるインテリア。柱には彫刻、そして見上げると天井にもいろいろな草花の絵が。素人目にも、今の世の中では、これほど手のかかった細かい技術的な装飾は難しいだろうなと思いました。皆で感心しながら天井を見上げたり、柱を観察したり。

オーダーしたのはこちらのレストラン名物のカレーです。
c0237291_8535279.jpg
運ばれてきた薬味の入れ物、箱根の寄木細工で作られています。さりげなく、箱根を感じられてうれしいです。

カレーはビーフ、チキン、シーフードなどいろいろありましたが私はチキンをオーダー。どうでもいいことですがカレーは昔からチキン派です。なぜだか、自分でもわからないけど。笑
c0237291_8545739.jpg

まろやかさの中に、食べて少しするとぴりっと来るスパイス。
でも、決して辛すぎず、かといって甘すぎない、絶妙なバランスのカレー。
素敵なインテリアの中で、皆でとてもおいしくいただきました。サービスもゆきとどいていて、心地よい時間が過ごせてうれしかったです。

最近はひとり旅が多い私ですが、大勢でワイワイと過ごすのも楽しいなと再認識しました。何より、昔からの気の合う仲間は大切な宝物。皆で一緒に箱根の神様にもご挨拶してパワーもいただいて来たので、元気に頑張れそうです!
by traveling-cooking | 2014-11-20 09:46 | 旅行 国内 | Trackback | Comments(2)

箱根女子旅2

箱根二日目は、秋晴れの爽やかなお天気でした。
せっかくなので、のんびりと湖を眺めながら、優雅な時間を過ごしましょう〜
とは絶対にならないのが女子旅。あそこにも行きたい、これも食べたい、これにも乗りたいよね、と全員で相談の結果、2日目はほぼノープランだったのが、朝食を食べ終わる頃には盛りだくさんなハードスケジュールに変わっておりました。いつものことではありますが、恐るべし機動力、です。

箱根といえば外せない(と私、結構主張しました(^_^;)のが、大涌谷。
大涌谷で硫黄の匂いを嗅ぎながら、黒卵を食べるというのが、箱根のマストアクティビティと信じている私。海外から遊びに来た友人も何度か連れて行ったことがあります。(20年前に一緒に行ったアメリカ人は、今だに忘れられない思い出だと言ってくれています)

しかし、久しぶりに来た大涌谷は信じられないほどの大変貌を遂げておりました。大きなレストランやミュージアムが出来て、一大観光地化。時の流れを感じます。
c0237291_15361626.jpg

でも、一個食べると7年寿命が延びるという、地熱を利用して作られている黒卵は相変わらずの人気。5個入って500円です。
c0237291_1544861.jpg

まあ、中は普通の卵(殻は黒いけれど)なのですが、この場所で食べると美味しく感じるのが不思議です。
c0237291_15454827.jpg
ご馳走様でした。寿命、延びたかしら。
by traveling-cooking | 2014-11-14 15:52 | 旅行 国内 | Trackback | Comments(2)

箱根女子旅

紅葉のきれいな箱根に、学生時代からの仲良し6人グループで、恒例の一泊二日の女子旅に行ってきました。(女子という言葉を使うと息子たちに怒られますが、男子ではないので仕方ないですよね 笑)
c0237291_1861163.jpg

芦ノ湖でモーターボートに乗り、九頭竜神社に参拝。
終わったらすぐ、こんどは箱根神社に参拝。
年齢を重ねると、神社仏閣を避けて通れなくなります。笑
でも、お参りするとなんだか気持ちもすっきり。神様にはこの機会にいろいろお願いしたいこともあるけれど、それよりまず、元気で仲良しの友人と旅をしているという幸せに感謝しなくては、ですね。

ベーカリーアンドテーブル 箱根
日が暮れてあたりが暗くなってきたころに、コーヒーを飲みにこちらのお店へ。まだオープンして日が浅いので、周囲の建物と比べても新しさが目立ちました。
c0237291_18274125.jpg

一階がベーカリー、二階がレストランになっています。湖に面したレイクビュー。オシャレすぎない、温かみのあるインテリア。
c0237291_18113221.jpg

c0237291_1811534.jpg

暮れていく芦ノ湖を、紅葉を眺めつつコーヒーを、と言うととてもしっとりした感じですが、実際は6人だったので、しっとり感は皆無の、明るくパワフルなコーヒータイム。 何がそんなにおかしいのか、しゃべっていると皆でツボに入っては笑い、思い出してはまた笑う、かなり昔の少女たちなのでした。
by traveling-cooking | 2014-11-12 18:20 | 旅行 国内 | Trackback | Comments(0)

松本の陶器屋さん 陶片木

c0237291_17185332.jpg



松本に行くと、必ず立ち寄るお店があります。
それがここ、陶片木
中町通りの、陶器と雑貨のお店です。
松本に行くことが決まると、”やった~陶片木に行ける!”と喜ぶ私。







毎回、ワクワクしながら、がらがらっと引き戸を開けてお店の中に入ると、それはそれは素敵な陶器がたくさん。 こうして使うと便利ですよ、みたいなアドバイスを記した小さな手書きのカードがさりげなく器の横に添えられていることもあり、見てまわりながら、なるほどとうなずいたり感心したり。
いくら時間があっても足りないくらい、ひとつひとつをじっくり見たくなる、落ち着ける店内です。
御主人もとても感じのいい方で、これはいいですよ、と親身になってお勧めをアドバイスしてくださいます。
c0237291_1717597.jpg
和もの中心ですが、使い回しのきく、シンプルな器が数多くあります。たくさん欲しくなりますが、次のお楽しみを残しておきたいので、毎回少しずつそろえています。
今までは主に小さ目の小皿や豆皿を買っていたのですが、今回は少し大きめの楕円形の器が気に入り、連れて帰ってきました。
c0237291_17542939.jpg

今日は、飯山産の、半割のくるみを盛りました。
by traveling-cooking | 2014-04-29 18:13 | 旅行 国内 | Trackback | Comments(0)

松本のパン屋さん 田園ベーカリー

松本市内、高砂通りに、田園ベーカリーというパン屋さんがあります。
私の幼なじみで大の仲良しのYちゃんの、大学時代のお友達がオープンされたお店です。
前からこのお店の話は聞いていたので、松本に行ったら絶対に伺おうと思って楽しみにしていました。
c0237291_124543100.jpg

街なみに調和した素敵な外観。何のお店かしら、と、通りを歩く人たちも、思わず中を覗き込んでいました。

奥様は、もともと東京の方。ご主人も関西ご出身なのですが、お二人とも、松本が気に入って、この地に越していらしてお店を開かれたそうです。
パン作りに対するこだわりを伺ってみたところ、あまりいじりすぎず、低温長時間発酵で、じっくりと作っています、とのこと。
愛情をこめて、ていねいにお仕事をされている様子がうかがえます。

まだ時間が早いので、パンの種類がそろっていないとおっしゃっていましたが、
それでもこれだけたくさん並んでいます。
c0237291_1259369.jpg

大きすぎず、小さすぎず、サイズもちょうどいい感じでした。ハード系のパンとデニッシュをテイクアウトしていただきましたがそれぞれ、とても美味しかったです。次回は、イートインコーナーで、ゆったりとサンドイッチやカレーパンにトライしたいと思います。角煮パンも美味しそうだったな~

写真には写っていませんが、お店の中に、”からすのパンやさん”の絵本がさりげなく飾られていて、ほっこりと気持ちが温かくなりました。息子たちが小さかったころに、何度も繰り返し読み聞かせした懐かしの絵本だったので...(^^)
その話をしたら、なんと、続編が出たとのこと!
知らなかった‼︎ 早く読まなくちゃ。 笑
by traveling-cooking | 2014-04-28 13:08 | 旅行 国内 | Trackback | Comments(8)

今年最後のお花見 松本

c0237291_1593610.jpg
お花見の締めくくりに、先週末4月19日~20日、松本に行ってきました。
お天気があまりよくなかったので、写真もかなり暗めなのですが、アップします。

お城の周りの桜は終盤でしたが、山の上に上ると、文句なしの満開。
c0237291_15192226.jpg
c0237291_15105469.jpg
c0237291_15112223.jpg

弘法山古墳のまわりの桜です。
まだ朝早かったので、人のまったくいない桜並木をのんびりと歩くことができて、とてもリフレッシュされた気分でした。
都会に暮らしていると、”人がいない”とか、”すいている”というのが、何よりの贅沢に思えるのですが、逆に、人口の少ないところに暮らしている方々はどうなのかしら、と時々考えます。

松本の町を少し離れて、厄除けで有名な、金峯山 牛伏寺にもお参りしてきました。
c0237291_1451090.jpg
運動不足がたたり、見事に息切れしつつ階段を上りきると、目の覚めるような立派な建物がたくさんあったのですが、印象に残ったのがこちらの如意輪堂。
c0237291_15155130.jpg
唐の皇帝のお使いで、経典を積んで善光寺に向かう途中、こちらのお寺の観音の霊力によりここで倒れたといわれる牛2頭の像も傍らにありました。(お寺の名前、牛伏寺、はここからきているそうです)
静かな山の中の、立派な藁葺屋根。見事に手入れも行き届いており、思わず見入ってしまいました。

松本の旅、まだ続きます。
by traveling-cooking | 2014-04-25 15:20 | 旅行 国内 | Trackback | Comments(2)

旅、美味しいもの、そしておもてなし。

おもてなし教室【旅するKitchen】について

おもてなしといっても、ごくカジュアルな、お友達と一緒に楽しめるひとときの提案です。毎日の食事作りも楽しくなるそんなレッスンを目指しています。
メニューは、気軽にトライできる、簡単ででもちょっとオシャレなお料理を厳選しました。おもに海外の家庭料理をご紹介したいと思っています。
実習はありませんが作る手順をお見せし、レシピもお渡ししますので、ご自宅で十分再現可能、くつろいでお過ごしください。後片付けもありません。 もてなしたい方だけでなく、もてなされたい方、旅が好きな方も大歓迎です。

ぜひ、旅するKitchenに遊びにいらしてくださいね!


Hiroko

中学、高校、大学のそれぞれ半分をアジアとアメリカで送り、結婚後も夫の赴任でNYのマンハッタンで子育て。海外と日本を往復する生活を通して、環境適応力には自信ありです。自宅に人を招いて一緒にご飯を食べるのが何よりの幸せ、ひと月に35人という記録があります!
海外でのお料理教室受講や食べ歩き、スーパーやフードショップ巡りが趣味です。
家族は夫、社会人と大学生の息子。
国際線CA、英会話講師、国際機関秘書を経て、東京都大田区の自宅でおもてなし教室をオープンしました。

KEYWORD: おもてなし教室、料理教室、海外旅行、海外、家庭料理、ホームパーティー、ニューヨーク、東南アジア、大田区


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ
全体
レッスンスケジュール
レッスンにご参加の方へ
過去のレッスン
つくレポコレクション
海外のお料理教室体験記
旅行 国内
伊豆だより
香港
タイ
パリ
ロンドン
フィンランド
ハウスキーピング
シンガポール
カナダ
ニューヨーク
インドネシア
マカオ
ベトナム
韓国
ドイツ
チェコ
キッチンツールとテーブルウェア
レッスン・セミナー等受講
レストラン
おうちごはん
テーブルコーディネート
旅について
日々のこと
お出かけ
サンフランシスコ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
お気に入りブログ
手づくりひとてまの会『文...
ふくすけのコネコネ 編み...
ちぎりパン 日本一簡単な...
Lumias*
*TEN*NEN*
mamikono。~ハレ...
山の実のおうち
… olive イタリア...
SUN+TRAP 「美味...
mon-favori お...
小さなパンのアトリエ *...
あかね雲キレイ♪
Backe 605*me...
yuchipan
あさパン!
ビーズ刺繍【エミリコラボ...
Ton Ton Cafe
「針しごと トイトイト...
Me ke aloha ...
launa パンとお菓子...
小さなおうち cafe ...
土浦・つくば の パン教...
暮らしも心も整える
最新のコメント
山の実さん、コメントあり..
by traveling-cooking at 14:51
以前TVで拝見して、憧れ..
by codswolds-ssr at 07:45
山の実さん、うれしいコメ..
by traveling-cooking at 10:00
”大人のハロウィンパーテ..
by codswolds-ssr at 20:44
こちらこそ、楽しいひと時..
by traveling-cooking at 22:29
HIROKOさん、先日は..
by tonton-cafe at 18:17
トントンままさん、うれし..
by traveling-cooking at 10:43
こんにちは♡ 今回のレ..
by tonton-cafe at 15:16
山の実さんこんにちは。 ..
by traveling-cooking at 11:52
Hirokoさん、凄い収..
by codswolds-ssr at 08:05
検索
タグ
最新の記事
クリスマスレッスンについて
at 2017-11-22 07:10
一足早いクリスマスプレゼント
at 2017-11-20 16:42
サンフランシスコ バークレー..
at 2017-11-17 22:33
サンフランシスコのレストラン..
at 2017-11-14 23:58
アメリカンダイナー in サ..
at 2017-11-11 06:46
外部リンク
ブログジャンル
画像一覧