久が原 料理教室 旅するKitchen

<   2017年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

バンコクのお料理教室 イッサヤクッキングスタジオ

前回のブログで書いた、イッサヤサイアミーズクラブが経営するお料理教室にひとりで参加しました。
その名も、
Issaya Cooking Studio イッサヤクッキングスタジオ

MRTのプルンチット駅から直結のショッピングモール、セントラルエンバシーの地下のフードコートの中にあります。
このフードコート、昨年も来ましたがなかなかハイクラスな雰囲気です。

c0237291_23270950.jpeg

c0237291_23274436.jpeg
観光客を意識した演出も随所に。屋台はちょっと言葉も通じないかもしれないし敷居が高い。。という人々が行きやすくなっています。もちろん、近隣のオフィスの方たちもたくさん見受けられました。
そして、いよいよクッキングスタジオに入ります。
c0237291_23350647.jpeg
ドアの中は立派の一言。広々とした贅沢なスペース、最新鋭の設備に素敵な内装。
こんなにスタイリッシュなお教室、私はなかなか見たことがありません。
そしてラッキーなことにこの日は私ひとり。プライベートレッスンになりました。
c0237291_23180443.jpeg

c0237291_23354390.jpeg
メニューは、事前には知らされておらず、ただ、イッサヤメニューとだけ書いてあったのですが、渡されたメニューには本当にイッサヤのレストランで実際に
食べたことがあるもの、それも看板メニューが並び、えっ!これも?と驚きました。

こちらはソムタム。

c0237291_23191903.jpeg
おなじみ、青パパイヤのサラダ。大きな青パパイヤを、ソムタムピーラーでせっせと削りました。青いお花はバタフライピー。お茶にもできるお花です。
塩漬け卵とともに食べるソムタム、美味しかったです。日本でも青パパイヤが簡単に手に入ったらどんなにいいかなあ、といつもながらとても考えてしまいました。

こちらはイッサヤの人気メニュー、スペアリブに焼き目をつけている私。レストランにも行ったことがあるというと先生も嬉しそうに詳しくお話してくださいました。
c0237291_23550472.jpeg
こちらはポメロサラダ。盛り付け方も確かにお店と同じ。
ちなみに、レストランでは左上のように植木鉢にサラダを盛り付け、お客様の前でお皿に中身を出してサービスするんです。やり方を解説付きで見せていただきましたが、なかなか斬新で、面白かったです。お客様を楽しませようとする、エンターテイメントの要素も強いです。

c0237291_23202725.jpeg
c0237291_23503302.jpeg
美味しいメニューを素敵な空間で習えた贅沢。教えていただく内容は選べないのですが、2回目3回目に参加する人には、以前と違うレシピにするように配慮しているとのこと。また習いに来てね、と言ってくださいました。安心してリピートできますね!

月に一度は、オーナーシェフのキティチャイ氏が教えてくださるということなので、次回うまくスケジュールが合えば参加してみたいなと思いました。




by traveling-cooking | 2017-01-30 00:22 | 海外のお料理教室体験記 | Trackback | Comments(2)

バンコクフュージョンレストラン イッサヤサイアミーズクラブ ランチ

無事に日本に帰国しました。今回は時間があったはずなのですが、過ぎてしまうとあっという間なのが旅行ですね。バンコク話、もう少し続きます。

前回、昨年の秋にバンコクに来た時に行ったレストラン、イッサヤサイアミーズクラブに今回はランチに行ってみました。前回はレストラン到着も夜8時で、周りも真っ暗であまり良く見えなかったので、お昼の様子も見たいなと思ったのです。

こんなところに本当にあるのかしら、というところにあります。前回タクシーで迷ったので今回はUBERでやってきました。画期的移動手段UBERについてはまた次の機会に詳しく書きますね。

イッサヤサイアミーズクラブ



c0237291_13475526.jpeg
外観はこんな感じ。
c0237291_13491681.jpeg
外のお席もありますが、中に入りました。
c0237291_13503233.jpeg
奥の方は少し混んでいましたが入り口に近いところは空いていたので写真が撮れました。壁の色が鮮やかです。

オーダーしたのはセットメニュー。イッサヤの人気メニューが少しずつ出てくるコース。前回のテイスティングメニューより少し量的に少ないけれどランチには多いくらいでした。

お味ももちろんですが、盛り付けの美しさもこちらの魅力。
c0237291_23392201.jpeg
こちらはお店からのサービスのアペタイザー。

c0237291_23395845.jpeg
ビーフサラダ。

c0237291_23402821.jpeg
バナナの花のサラダ。

c0237291_23525996.jpeg
スペアリブ。とても柔らかく食べやすかったです。この後も、まだ3品続きました。
c0237291_00102844.jpeg
かなりのボリュームのランチ。
ワインリストも充実、のんびり美味しくいただきました。お料理だけ見ていると、バンコクにいるとは思えない感じです。


そして食後は、レストランのお庭にある小さなハーブガーデンをのぞいてみました。ここで育てたハーブをお料理にも使っているとか。南国だけあり、良く育っていました。こんな家庭菜園があったら楽しいでしょうね。
c0237291_23495429.jpeg
そして私は、このレストランが別の場所にあるスタジオで経営するお料理レッスンにも行ったのですが、それはまた次回のブログでご報告しますね。



by traveling-cooking | 2017-01-22 13:58 | タイ | Trackback | Comments(2)

フルーツパラダイスと焼き芋 バンコク

東南アジアのフルーツの種類の豊富さはやはり日本とは違います。真冬の日本から行くと特にそう感じます。
スーパーマーケットでの色あざやかなフルーツを見ると、南国に来たのね、と実感。
c0237291_21170241.jpg
こちらはホテルの近くのスーパー。地元の人の姿が多いところです。
トロピカルフルーツがたくさん積み上げられています。
c0237291_00091603.jpeg
スイカが一年中食べられるのはうらやましい限り。
c0237291_12554964.jpg
c0237291_00054278.jpeg
バナナもこんなに種類が。大のバナナ好きで、日本でも毎日バナナを食すイトコNが食べたところ日本のものより味が濃いそうです。ねっとりしている感じとか。

こちらは私の大好きなポメロ。
c0237291_12582789.jpg

c0237291_12573191.jpg

丸のままのもの、外側のみ剥いたもの、中の皮まで剥いたものの三段階販売。私はタイに来ると毎回、完全に剥いてパックされたものを買って、ホテルで食べています。お味はさっぱりしていて、ザボンに似た感じ。ちなみにタイ料理にポメロサラダというこのフルーツを使ったものもあるんですよ。お料理自体の手間はさほどではないのですが、粒を全部手でバラバラにしなくてはいけないのがちょっと大変な(笑)お料理です。
話しがそれましたが、今回も、99パーツ、約300円のパックを買いましたがイトコNも気に入って食べていました。

と、ここまではまあ、毎回目にしていたものですが、今回驚きの発見が!
それはこちら!
c0237291_00071573.jpeg
なんと、焼き芋、それも石焼き芋を、売り場で作って売っていました!
デパ地下ならさほど驚きませんが、地元のスーパーなのでびっくり。
c0237291_00151870.jpeg
タイの人々は焼き芋は馴染みがないので、どういうものか、ちゃんと説明までありました。お芋も日本産。
日本人にとっては焼き芋イコール冬のイメージですから、タイで焼き芋?と意外に思ったのですが、日本の食文化が海外で広まって行くのはうれしいことだなと思います。


by traveling-cooking | 2017-01-17 21:14 | タイ | Trackback | Comments(0)

ジム・トンプソンの家 バンコク

初バンコクのNには、半日市内観光のHIS現地ツアーに参加してもらい、寺院などは効率良くガイドさん付きで見てきてもらうことにしました。
でも、ここには連れて行きたいな、と思って昨日行ってきたのが、ジム・トンプソンの家です。
c0237291_01460245.jpeg
ジム・トンプソンとは人の名前。もともとはアメリカ人で軍の関係でタイに移住し、戦後絹製品の事業で大成功を収めた人物です。1969年に休暇先のマレーシアで謎の失踪を遂げ、その後見つかることはなかったそうです。ドラマチックな人生です。
日本にもお店があり、タイのお土産の定番でもあります。
こちらのミュージアムは何年か前に一人で来て、家の建築様式の素晴らしさや調度品の素敵さに感激しました。
c0237291_01571677.jpeg
自由に見て回ることはできず、必ずグループでガイドさん付きで回ります。日本語ツアーはなんと参加者が私たちのみ、貸切状態でした、同じ時間に出発したフランス語ツアーは10人以上いたのでこれはかなりラッキー。
c0237291_11561755.jpeg
残念ながら写真撮影の許可がある場所は限られているので、本当に素敵な室内の様子をご紹介できないのが残念。ジム•トンプソンはコレクターとしても知られていたようですが、アジアの様々な陶器や家具を多方から取り寄せ、タイ様式の室内を西洋的なテイストも活かして素晴らしいセンスでまとめていました。古くなっているのは否めないものの、完成当時はどれだけ立派だったのだろうと想像をかきたてられます。
こちらはテーブルに埋め込まれたお皿。
c0237291_20471788.jpeg
c0237291_02055752.jpeg
陽の差し込む通路に蘭の花が飾られていてとても美しかったです。やはり蘭はタイで見るのが一番綺麗だと思いました。
旅も終盤。帰るまでの時間に、いろいろできることを詰め込もうと思います。笑







by traveling-cooking | 2017-01-15 08:53 | タイ | Trackback | Comments(0)

ウィークエンドマーケット バンコク

私のイトコNは初バンコク。リピーターの私に、バンコクらしいところに行ってみたいというリクエストがあり、まず思い浮かんだのがチャトチャックウィークエンドマーケット。その名の通り毎週土日のみの開催です。広大な構内10万平方メートルに1万5000店という気の遠くなるような数のお店がひしめき合っていて、まるで迷路のよう。何度となく訪れていますが、全部を制覇するのは不可能。いつもチョコチョコ回って、暑さで疲れて退散、の繰り返しです。
c0237291_01303986.jpeg
電車に乗ってMo Chit駅で下車。高架の駅から降りてすぐのところ、写真の左の歩道の奥に巨大な市場があります。外国人観光客の姿が多く、ありとあらゆる言語が聞こえて来ます。
あまりのお店の数と、人混みに圧倒されますが、宝探し的な楽しみもあり、散歩しながら見て回りました。
衣類、雑貨、食器その他あらゆる日用品。良く目にするものから、どんな人が買うのかなというようなユニークなテイストのものまで幅広い品揃え。食堂やマッサージのお店もありました。
c0237291_01180491.jpeg
ザ・定番のパイナップル柄タイの食器。これはお土産屋さんで買うよりかなり安いので私も以前このマーケットで揃えました。
c0237291_01190419.jpeg
ベーシックなトレイ類もリーズナブル。こういうシンプルなものは汎用性が高いですよね。
c0237291_01200579.jpeg
あまり整然と並べられていない方がこういう場所では購買意欲をそそりますね。
c0237291_01203526.jpeg
こちらはスパイスのお店。
c0237291_01173020.jpeg
色鮮やかでひときわ目をひいていたこちらは、モン族の刺繍のお店のようです。

c0237291_01325923.jpeg

なんとなく、見たことのあるようななつかしい女の子のマネキンのいるこのお店に入りました。イトコNが真剣に物色するのを一緒に見ながら、これは?などと言っていたら店内にいた若い人なつこいアメリカ人女子にもこっちとこっちならどっちだと思う?と聞かれて真剣に考える私なのでした。
そしてこのお店での戦利品はこちらです。
c0237291_02110537.jpeg
Nがプールサイドで着ようかなと言いつつ選んでいた2点、なかなかいいチョイスでした。お店のお姉さんと交渉し、2着で500バーツ、なんと1500円ちょっと。かなりお徳なお買い物でした。






by traveling-cooking | 2017-01-14 22:03 | タイ | Trackback | Comments(0)

DEAN & DELUCA バンコク

バンコクの街中もカフェ多数。スタバはもちろんローカルなものあり、土地柄冷たい飲み物が人気です。
ディーンアンドデルーカも、バンコクの中心オフィス街に8店舗。
c0237291_12053376.jpg
外から見た感じもいかにもディーンアンドデルーカ。きっと世界的に雰囲気を統一させているのでしょうね。
メニューも見慣れた感じのものが大半、ですが、日本には絶対にないものがあります。
それは、お寿司!
c0237291_11473108.jpg
ニューヨーク本店に行った時も、店内で一番混んでいたのはお寿司のセクションで、イートインのスペースまでありました。バンコクのお店はそれほど広くないので、ケースの中にサンドイッチとともにサーモン丼が並んでいます。
日本だと、カフェでお寿司はあり得ないけれど、日本を一歩出ると立派にカフェメニューなんですね。
ちょっとお茶しました。

DEAN AND DELUCAグッズ、私は持っていませんが、ご当地グッズもありました。お土産にも良さそうかな?
c0237291_11503688.jpg

by traveling-cooking | 2017-01-14 12:31 | タイ | Trackback | Comments(0)

香港から

昨日は日本から香港に移動し、滞在17時間でけさふたたび空港へ。ホテルのスタッフの笑顔に見送られて出発。朝5時の香港の街は流石に静かでしたが空港はいつも通り活気に満ちていました。

日本の空港では日本語と英語で都市名が表記されていますが、香港などの中華圏に来ると当然のことながら中国語と英語です。出発ロビー内の案内の表示板も、英語と中国語が時々ガラガラと切り替わります。面白いので、中国語がでた時に、これはどこだっけ?と、漢字クイズの感覚で見入るようになりました。数秒で英語名がでてきます。物好きにも、そんなことをしているうちに結構、わかるものも増えて来ました。東京は中国語でも変わらず東京なので問題ないですが、ニューヨークは紐約、シンガポールは新嘉坡、ロンドンは倫敦、この辺りはまだ良いにしても、ウイーンが維也納(英語読みのヴィエナなのでしょうが)は難しいですよね。でも、パリは巴里だよねと思ったそこのアナタ! これが違うんです。パリは巴黎。意外でしょ?
なーんて、空港ネタはこれくらいにします。
c0237291_18375864.jpg
そしてこちらが今日の飛行機の搭乗口の表記。旧正月前なのでちょっとおめでたい雰囲気で、乗客が記念撮影していました。行き先は曼谷、でバンコクと読みます。そう、今回の旅のメインはタイのバンコクです。もちろんいつものようにお料理教室も予約しています。今回は珍しく、途中から加わるイトコNと二人で美味しいもの探しをしようと思っています。バンコクの女子(若くないけど女子、で!)旅、良かったらぜひまたブログをのぞいてくださいね。

by traveling-cooking | 2017-01-12 19:59 | 香港 | Trackback | Comments(1)

空の上から

航空会社に勤めていた頃は(もう大昔ですが)飛行機から見える景色が大好きでした。忙しい仕事中に時々窓の外に見える青い空が目に入ると、なんとなく元気になったことを今でも時々思い出します。

今、飛行機の中です。富士山がとてもきれいに見えます。冬は空気が澄んでいるのでクリアな景色、なんだかプレゼントをもらったような気持ちになりました。今日はとてもきれいな富士山がご覧になれます、という機内アナウンスがあり、乗客も皆カシャカシャと写真を撮っていました。これは撮りたくなりますよね。私も一枚。
c0237291_16003813.jpg
昔から好きだった富士山、最近ますます好きになりました。これは年齢的なものかしらね、と夫とも友人とも話すのですが、どうでしょうか。我が家の近くにもお天気が良いと富士山が見えるポイントがあるのですが、お天気の良い日には運転中でも目をこらして探してしまうのでした。

最近は国内線でも国際線でも機内でwifiが使えるようになりました。私も今回は3時間1000円程度の料金を払って使っています。手続きも簡単で支払いもクレジットカード。
ネットに繋がったらすぐに、予約しているホテルからのメールが。到着してすぐ部屋に入れるように準備したいのでモバイルチェックインしてくださいとのこと。ホテルのアプリからチェックインする、を選んで到着時間を選択したら30分くらいで、お部屋が準備できましたのでフロントでキーを受け取ってくださいとのお知らせが届きました。飛行機に乗りながらチェックイン!あまりの便利さにびっくり。時代は進んでいるのですね。でも今の若い人はそんなの当たり前、なのかも。なんとか最低限、ついていけるように諦めずにがんばります!笑






by traveling-cooking | 2017-01-11 13:24 | Trackback | Comments(0)

新年会と、改めて今年の目標

私は現在のお教室を始めるにあたってBacke晶子さんのお教室開業講座を受講し、その後もいろいろなご指導をいただいているのですが昨日は年に一度の卒業生たち、605メンバーの新年会でした。
新年会と言ってもパーティーではなく、参加者全員の前で昨年の反省と今年の目標を述べるという緊張感のある集まりなのですが、私にとっては自分の教室やレッスンのことをじっくりと考える良い機会になっています。
自分の課題をシェアしてくださった方もあり、それに対する晶子さんのアドバイスや参加者の意見などは、まるで自分に対するもののように心に響きます。
Backe晶子さんはいつも明るくポジティブ、初めてお会いしてから6年くらい経つと思うのですが、常にパワーは右肩上がり。著書はAmazon1位、マスコミへの登場も多く人の何倍も仕事をしていつも全力で走り続けているにもかかわらず、です。何年衰える体力に、疲れたとつい言ってしまいそうになる自分を振り返り、反省しきりでした。

学生でもなく、企業に属しているわけでもないので、人の意見に耳を傾けなくても日々の生活は過ぎて行きますが、これで良いのだろうかと自分に問いかけるのは大切なことだなといつもこの会に参加するたびに思うのでした。

私の今年の目標は、思い込みを捨てていろいろなことにチャレンジして、より良いレッスンを作って行くこと。メニューに関しても、これは難しいかなと決めつけることなくなんとか工夫してみる努力をすること。
といっても肩に力を入れるのではなく、自分も楽しみながら、いらしてくださる皆さまがより楽しんでくださるように、前回のブログにも書きましたがレッスン内容を充実させていくことです。
美味しいもので生まれる幸せな時間をお届けできるように頑張りたいと、思いを新たにしました。
c0237291_17412681.jpg
こちらは、やはりお教室開業講座を卒業されたsaoriさんのロールケーキ。生地がしっとりモチモチしていてとても美味しかったです。




by traveling-cooking | 2017-01-09 09:01 | レッスン・セミナー等受講 | Trackback | Comments(4)

お正月も終わりましたね


街はすこしずつ、平常にもどりつつありますね。お休みも楽しいけれど、普段の生活に戻るのも良いものです。普段の生活があってこそ、お休みが楽しいのかな、とも思います。閉まっていたお店もきょうあたりから開きはじめ、人も戻ってきた感じがあり、少しほっとします。東京は暖かいお正月でしたがこれから寒さがやってくるそうで、どうやら本格的な冬はこれから。

年末年始、我が家は、二人の息子たち(29歳と22歳)が久々に帰省していましたが昨日それぞれの場所に戻って行き、夫との二人暮しがまた始まりました。お正月は久々に4人分の食事を作りましたが、量の多さにびっくり。大の大人が4人もいれば当然ですね。大いに食べ、飲み、たくさんおしゃべりもした楽しい時間でした。

今年作ったおせちはこの6品。

c0237291_21274084.jpeg
買ってくればラクかしらと思ったりもしますが、やはり年末になるとなんとなく作ってしまいます。もう30年超の習慣、海外に住んでいたときも、手に入るもので、できる範囲で休まずに作っていました。今年も3が日でほぼ完食、現在残っているのは黒豆と金柑の甘露煮のみ。
おせちやお雑煮の他にはローストビーフや豚の角煮、サラダのドレッシングやデザート等いろいろ作り置きし、例年通りお料理三昧な年末年始でした。お料理が好きでよかったと、こういう時にはちょっと思います。
おせちは文明の利器(圧力鍋とフードプロセッサー)を使うので、ものによってはけっこうカンタン。黒豆なんてあっけないくらいのお手軽さなんです。でも、買ってきたものより数段美味しいんですよ。いつかレッスンで作り方をご紹介したいという気持ちはあるのですが、12月はいつもクリスマスレッスンもあるし、年末は皆さまお忙しいし、と思うとなかなか実現に踏み切れません。課題のひとつです。

今年の目標、いろいろあるのですが、レッスンの充実が最優先。楽しいレッスンをアウトプットとすると、たくさんインプットもしなくてはと思うので、学びも充実させていきたいと考えています。
各シーズン、年に4回開催していたシーズンレッスンのほかに、以前からご要望いただいていた過去メニューのリクエストレッスンも考えています。また決まり次第ご案内いたしますので、よろしくお願いいたします。

by traveling-cooking | 2017-01-04 21:39 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

旅、美味しいもの、そしておもてなし。

おもてなし教室【旅するKitchen】について

おもてなしといっても、ごくカジュアルな、お友達と一緒に楽しめるひとときの提案です。毎日の食事作りも楽しくなるそんなレッスンを目指しています。
メニューは、気軽にトライできる、簡単ででもちょっとオシャレなお料理を厳選しました。おもに海外の家庭料理をご紹介したいと思っています。
実習はありませんが作る手順をお見せし、レシピもお渡ししますので、ご自宅で十分再現可能、くつろいでお過ごしください。後片付けもありません。 もてなしたい方だけでなく、もてなされたい方、旅が好きな方も大歓迎です。

ぜひ、旅するKitchenに遊びにいらしてくださいね!


Hiroko

中学、高校、大学のそれぞれ半分をアジアとアメリカで送り、結婚後も夫の赴任でNYのマンハッタンで子育て。海外と日本を往復する生活を通して、環境適応力には自信ありです。自宅に人を招いて一緒にご飯を食べるのが何よりの幸せ、ひと月に35人という記録があります!
海外でのお料理教室受講や食べ歩き、スーパーやフードショップ巡りが趣味です。
家族は夫、社会人と大学生の息子。
国際線CA、英会話講師、国際機関秘書を経て、東京都大田区の自宅でおもてなし教室をオープンしました。

KEYWORD: おもてなし教室、料理教室、海外旅行、海外、家庭料理、ホームパーティー、ニューヨーク、東南アジア、大田区


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ
全体
レッスンスケジュール
レッスンにご参加の方へ
過去のレッスン
つくレポコレクション
海外のお料理教室体験記
旅行 国内
伊豆だより
香港
タイ
パリ
ロンドン
フィンランド
ハウスキーピング
シンガポール
カナダ
ニューヨーク
インドネシア
マカオ
ベトナム
韓国
ドイツ
チェコ
キッチンツールとテーブルウェア
レッスン・セミナー等受講
レストラン
おうちごはん
テーブルコーディネート
旅について
日々のこと
お出かけ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
お気に入りブログ
手づくりひとてまの会『文...
ふくすけのコネコネ 編み...
ちぎりパン 日本一簡単な...
Lumias*
*TEN*NEN*
mamikono。~ハレ...
山の実のおうち
… olive イタリア...
SUN+TRAP 「美味...
mon-favori お...
小さなパンのアトリエ *...
あかね雲キレイ♪
Backe 605*me...
yuchipan
あさパン!
ビーズ刺繍【エミリコラボ...
Ton Ton Cafe
「針しごと トイトイト...
Me ke aloha ...
パンとアイシングクッキー...
小さなおうち cafe ...
土浦・つくば の パン教...
暮らしも心も整える
最新のコメント
トントンままさん、うれし..
by traveling-cooking at 10:43
こんにちは♡ 今回のレ..
by tonton-cafe at 15:16
山の実さんこんにちは。 ..
by traveling-cooking at 11:52
Hirokoさん、凄い収..
by codswolds-ssr at 08:05
山の実さん、ありがとうご..
by traveling-cooking at 08:26
Hirokoさん!おめで..
by codswolds-ssr at 23:00
Madokaさん、うれし..
by traveling-cooking at 20:40
Hirokoさん、おめで..
by madomado86 at 20:27
rumiさん、早速ありが..
by traveling-cooking at 14:14
こんにちは。入選おめでと..
by rumi at 12:15
検索
タグ
最新の記事
雨の日には
at 2017-09-20 11:20
バンコクのスーパー
at 2017-09-10 14:39
秋のエスニックレッスンのお知..
at 2017-09-05 09:02
バンコク定番ショッピング
at 2017-09-01 09:09
バンコクひとり歩き
at 2017-08-30 15:21
外部リンク
ブログジャンル
画像一覧