久が原 料理教室 旅するKitchen

<   2017年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

サンフランシスコのお料理教室 Sur la table

アメリカ西海岸の旅のレポートに戻ります。

サンフランシスコの中心部から少し離れていますが、シリコンバレーエリアにあるパロアルトという町に滞在して現地の人向けのお料理教室に参加しました。

Sur la tableは、全米に展開しているキッチン用品のお店。そして店内でお料理教室も開かれています。
もうかなり前に、ニューヨークのお店でレッスンに参加したことがあるので、勝手はわかっていましたがもちろんパロアルトのお店に来るのは初めてです。ちなみに、NYのレッスンに参加した5年前はアメリカ国外からの申し込みができず、現地の友人に頼んで予約してもらった経緯があるので、今回日本から簡単にネットで申し込みができたのにはちょっと時代の進化を感じました。

c0237291_00240915.jpg
こちらが、私がレッスンに参加した、Sur la table パロアルト店です。
Sur la table、フランス語でテーブルの上、という意味だそうですが、フランス語読みではどう発音するのでしょう?スーラターブルで良いでしょうか??よくわからないためカタカナで書けないのでSur la tableで表記しますね。m(__)m

思ったより広い店内。レッスンに参加するとその日はちょっとお買い物も割引になるので、いろいろなキッチン用品を見るのにもちょっと気合いが入ります。笑
ヘラ、スパチュラ類、圧巻です。
c0237291_00571685.jpg
お鍋も美しく積まれていました。なんて素敵な眺めなんでしょう。私だけ?笑
c0237291_00250266.jpg
日本よりやはり品ぞろえが充実しているのはチーズ削り器やチーズナイフなど。
c0237291_00253023.jpg
日本でもチーズ好きは多いけれど、アメリカのほうがチーズを食べる機会が絶対多いでしょうから当然ですよね。
c0237291_00255406.jpg
ケーキの型もとても豊富、そして日本よりかなりリーズナブル。前々から欲しいと思っていたノルディックウェアのケーキ型をゲット。日本よりずっとお手頃価格でした。かなり大きいので、年末年始に子どもたちが帰省してきた時にケーキを焼こうかな、楽しみです。
c0237291_00262580.jpg
レッスンはこちらの場所で始まります。
全員がそろうまで、コーヒーでも飲んでいてね。チーズとクラッカーもあるから好きにつまんでてね、あ、エプロンはそこにあるからね、髪の毛の長い人は結んでね。と、笑顔を絶やさないスタッフが明るく指示してくれます。
c0237291_00272529.jpg
このチーズ、みかけはそれほどでもないんですが(失礼)食べたらびっくりの美味しさでした。さすが、Sur la tableです。

この日レッスンに集まったのは全部で12人。
全員の自己紹介はありませんでしたが、おそらく皆現地に住んでいるアメリカ人です。年齢層は30代から70代くらいまで、皆一人で参加していました。おそらく最年長とお見受けした70代くらいの男性は、自分は料理が苦痛で仕方ない、まず広いスーパーで材料を探し回る買い物が面倒、そして料理自体も大変だし、そのあとの片付けを思うと本当に憂鬱だと話していましたが、なぜこのレッスンに参加したのかは謎でした。笑

私は30代?と40代?の女性二人と3人組になりました。
c0237291_00265923.jpg
この日のメニューはParis Bistro. パリのビストロです。
メインはビーフメダリオン、牛肉のロースト。焼いたステーキをオーブンで仕上げます。ソースは赤ワインとタイムを煮詰めて作ります。
付け合わせのフライドポテトには、ガーリックとトリュフを入れたアイオリソースを添えて。
グリーンサラダには梨とヘーゼルナッツ入り、ドレッシングはシャンパンビネグレット。パリのビストロ、というタイトルだけあってちょっとオシャレなラインアップです。
c0237291_00361325.jpg
c0237291_00363860.jpg

先生はラッセルという男性、30代半ばでしょうか。先生のデモンストレーションを見たあとに私たちもそれぞれのグループで作業します。先生は気さくで、各グループの作業を確認しながら見て回り、質問にも丁寧に答えてくれました。
c0237291_00275443.jpg
やることがたくさんあり写真を撮る余裕がありませんでしたが、グループ内でうまく協力して仕上げることができました。レッスン終了後は作ったものをいただきます。なかなかボリュームのあるランチ。ずっと立ったまま作業していたのでお腹がすいていて皆楽々完食でした。美味しかったです。
c0237291_00283575.jpg
デザートはチョコレートムース。こちらは美味しいけれど歯が溶けそうに甘かったです。笑

お料理自体はとくに難しいものではありませんでしたが、ビーフにかけた赤ワインソースや、アイオリソースはいろいろ応用できそうでとても勉強になりました。
c0237291_00583559.jpg
私はこの次の日に日本に帰国が決まっていたのでレッスンを受講できたのはこの日のみでしたが、他の人たちは、つぎは何を習おうかな、とカレンダーを眺めていました。一緒に受講した女性に、何を受けるの?と聞いてみたら、”レストランスタイル・ラーメンのクラスがいいなと思ってるのよ。そういえば、日本から来てるんでしょ?おうちでもラーメンを作る?ダシはなにからとるの?”と聞かれてびっくり。”日本では、袋にはいった麺が売っていて、スープの素もついているから自分で作ることはしないわ”と答えたらちょっと残念そうでした。でも、ラーメンをダシからとるってなかなかしないことですよね?
ちなみにこのレストランスタイルラーメンのクラスでは麺も自分で作り、チャーシュー風の焼き豚も作り、半熟卵も作ると説明には書いてありました。すごいです。

Sur La Tableのクラス、メニューも豊富で受けたいクラスがたくさんありました。またアメリカに行ったら、ぜひ受講してみたいと思います。

by traveling-cooking | 2017-11-24 01:16 | 海外のお料理教室体験記 | Trackback | Comments(0)

クリスマスレッスンについて

11月も下旬、冬の足音が聞こえてきました。
旅するKitchenの、今年のクリスマスレッスンについてのお知らせです。
c0237291_07000388.jpeg
今年のクリスマスレッスンは、事情により回数を限定して行うこともあり、現在お通いいただいている方のみで満席となってしまいましたのでブログでのご案内ができなくなりました。
レッスン参加をご検討いただいていた方々には申し訳なく、お詫び申し上げます。

来年以降のレッスンは、ぜひご新規の方々にもいらしていただけるように調整したいと考えておりますので、どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

また、クリスマスレッスンの様子は、12月中旬以降にまたブログでご報告したいと思っていますので、こちらもご覧いただけるとうれしいです。
(写真は昨年のクリスマステーブルです)




by traveling-cooking | 2017-11-22 07:10 | レッスンスケジュール | Trackback | Comments(0)

一足早いクリスマスプレゼント

東京ももうすっかり街中はクリスマスですね。
そろそろ私も家の中をクリスマスモードにしなくては、と思っていた矢先、うれしいプレゼントが届きました。

c0237291_16021946.jpg
色も形ももちろんですが、生のグリーンのなんともいえない良い香りがします。
これは、お水を霧吹きしたほうがいいのかしら?と伺ったら、飾っておくだけで少しずつドライになっていくとのこと。変化していくさまを見られるのも楽しみです。

c0237291_15490382.jpg

送ってくださったのは山の実さん。
Backe晶子さんの開業講座のご縁でお知り合いになり、熊本にお引越しされてからもお付き合いが続いています。
今年の春は、なんと同じ時期にパリに滞在することがわかり、現地で半日ご一緒したりと、なんだかいろいろな偶然が重なる不思議なご縁なんです。
我が家でのレッスンにもいらしていただいたことがあるのですが、私の好みをしっかりとご存知でプレゼントしてくださったのがよくわかります。品があり、とても素敵♡
c0237291_15414205.jpg
私は気の向いたときに種や苗を買ってきて伊豆の庭に植えるもののあとは植物のサバイバル力を信じて(?)放置して雨という名の水やりに感謝する、というどうしようもないガーデナー(と呼べるかどうかも微妙)ですが、山の実さんは計画性をもって庭をデザインされています。なんと、今年の春のパリも、バラを見るのが目的のひとつ、だったとか。
なんといっても植物の肥料まで自分で作るなんて、もう私の想像の域を超えています(^^;素敵なお庭が見られるブログもぜひご覧くださいね。





by traveling-cooking | 2017-11-20 16:42 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

サンフランシスコ バークレーのレストラン Chez Panisse

サンフランシスコ市内から、ちょっと郊外にお出かけ、しました。
ダウンタウンのホテルからBARTという電車に乗って、20分ほどでバークレーという町に到着します。かの有名なUCLAバークレーのある町です。UCLAは駅のすぐ脇にありますが、それとは逆方向に歩いていきます。

広い道幅、やっぱりアメリカはスペースにゆとりがあるわね、なんて思いつつ気持ちの良いお天気の中お散歩気分で目指すのはgourmet ghetto、グルメゲットーと呼ばれる美味しいレストランやフードショップの固まっているエリアです。

c0237291_18053073.jpg
こちらがそのレストラン。
さりげない店構え、大きな木に隠れるような建物は、本当に目立ちません。実は一度行き過ぎて、グーグルマップで気づいて戻ったのでした。笑

Chez Panisse   シェパニース
世界的に有名なアメリカ人女性シェフ、アリス ウォータースのお店です。
アリスは、カリフォルニアキュイジーヌの生みの親であり、オーガニックの母と言われる存在です。このレストランをオープンしたのももう40年以上前のことだそうです。
ファーストフードに流れるアメリカの食卓に警鐘を鳴らし、地産地消の考え方を世に広め、土地で作られたものをシンプルに、素材の味を生かして食べるという考え方を広めた料理家です。
今でこそ、有機農法とか、オーガニック、スローフードという考え方は広く知られていますが、そんな昔から提唱している人がいたんですね。驚くばかりです。

c0237291_18062432.jpg
前置きが長くなりましたが、このアリスウォータースのことを教えてくれたのは、私の同期、サンフランシスコ在住25年のCちゃんです。サンフランシスコに来たらぜひ連れていきたいと以前も言ってくれていて、今回も早々と予約を入れてくれたのでこの予約困難なお店に行くことができました。ありがとう!
お昼間の営業は2階のカフェのみ、ですが、いわゆるカフェという雰囲気はなく、私の感覚では立派なレストランです。(この下の写真のみ、ホームページよりお借りしました)

c0237291_18413464.jpeg
月曜日でしたがもちろん満席。
c0237291_18095739.jpg
セットメニューもありましたが、好きなものを選びたかったのでアラカルトで二人でシェアすることにしました。
c0237291_18102443.jpg

まずはHalibut、大ヒラメのカルパッチョ。お魚も締まっていて美味しく、上に乗ったクレソンもみずみずしかったです。
c0237291_18104736.jpg
ピザの上にのっているのはnettle ネットルという野菜。あとで調べたら日本名はイラクサ、だそうです。聞いたことないですね。薄すぎず厚すぎずのピザ、香ばしくてあっという間に食べてしまいました。ネットルに癖がないので、ピザの生地とチーズの味がしっかりと感じられます。
c0237291_18111180.jpg
メインは迷ったあげく、ラムにしました。粒々の残ったタプナードをつけていただきます。ラムとタプナード、組み合わせる発想がなかったです。タプナードは時々家でも作るので、今度真似してみようと思いました(^^)
付け合わせのカブ、歯ざわりがシャキシャキで濃い味でした。これもきっと、アリス監修の農園で作られているのでしょう。

外食すると塩分が多いのであとで喉が渇くというのはよくあること、とくに日本以外ではそうですが、この日のお食事ではまったくそんなことはありませんでした。素材を生かすにはやはり薄味、と再認識させられたのでした。
c0237291_22292351.jpeg
ランチが終わって、Cちゃんに少しドライブに連れていってもらいました。
c0237291_22300707.jpeg
バークレーの山の上、はるか彼方にゴールデンゲートブリッジが見えました。霞がかっていますが、きらきら光る海の美しい光景が、素敵なランチとともに心に残っています。


by traveling-cooking | 2017-11-17 22:33 | サンフランシスコ | Trackback | Comments(2)

サンフランシスコのレストラン A16

サンフランシスコを旅行中、夕食はどこにしようか毎晩のように迷い今回大いに役立ったのが、知人のDさんにもらったミシュランの最新版サンフランシスコエリアのビブグルマンリストでした。リンクページの下の方にリストがあります。
このビブグルマンリスト、サンフランシスコだけでなく世界中、日本にもあるのですが、星付きではないものの美味しくてリーズナブルな食事ができますよ、というお店が並んでいます。

リストを参考に検索し、空いているところを探します。以前は一軒ずつ電話するしかありませんでしたが、最近は日本でも人気の出てきたオープンテーブルというスマートフォンのアプリが便利です。(PCの予約サイトもあります)レストランを選んで人数と日にち、希望の時間を入力すると、空いていて予約できる時間が出てきます。ビブグルマンのレストランは人気なので満席のところも多かったのですがなんとか空席のあるところをみつけて無事予約。サンフランシスコのオープンテーブルはこちらです。日本語対応です。予約完了するとメールも送られて来るのであとから確認もしやすくて安心。こういうシステムが充実してくると、旅行前にレストランを予約しておくこともできて便利ですね。

ビブグルマンリストで見つけ、オープンテーブルで予約して伺ったのが
サンフランシスコのマリナ地区にあるイタリアンレストランです。レビューもなかなか良いので期待が高まります。
この日は、久しぶりに会った次男と食事でした。
c0237291_00150861.jpg
当日予約だったので案内されたのはカウンター席でしたが、予約が取れただけよかったね、と話しながらいざ席に座ると、調理しているところと思いのほか近く、しっかり見学できたのは私にとってうれしいサプライズでした。土曜の夜だったのでお店は超満員の大盛況。
c0237291_00001301.jpg
思わず料理している方の手元をじっと見つめてしまいました。ふーん、野菜はこんな風に用意してあるのね、あれは何のソースかしら、とか食べながら飲みながら楽しく見せていただけてとても興味深かったです。
混んでいることを除けばお店の雰囲気もカジュアルで居心地よかったです。若い人が多かったのですが、カウンターのお隣の席には割とお年を召した(70代くらい?)の素敵な老婦人、いえ、女子の姿もありました。
c0237291_00010106.jpg
アペタイザーのサラミ、生ハムとベビーキャロットの盛り合わせ、こうしてみるとすごいボリュームですが、に続いては、
c0237291_18050910.jpg
ローストしたカリフラワーです。
カウンターで見ていたのでわかったのですが、ほとんどのグループがオーダーしたのではないかと思われるほど大量に出ていた人気メニュー。
カリフラワーを横に輪切りにし、あらかじめマリネしたものがバットに大量に用意されていたのですが、注文が入ると大きな釜の中に入れてローストします。ちょっと焦げたカリフラワー、歯ざわりも良く、上にのったルッコラのサラダと、やはりローストしたひよこ豆との相性も良かったです。自分でもカリフラワーのロースト、トライしてみたいけれど、これはきっとあの大きな釜がポイントなんだろうな、と思いました。

c0237291_00014004.jpg
ピザはマリナーラを頼みました。トマトソースとアンチョビ、オリーブもたっぷり。マリナーラソースはトマトソースのことです。チーズは入りませんがこれはこれでとても美味しいです。
c0237291_00153519.jpg
メインはローストチキン。目の前の石窯で焼かれているところも見られて、あれがきっとチキンだね、と話しながら待つのも楽しかったです。ちなみにお料理用の石窯とピザの石窯は別々なのですがそれでもフル回転。働いている人の重労働ぶりが心配になるくらいでした。ともあれ、チキンは外はカリッと、なかはしっとりの完璧な焼き上がり、カリフォルニアのナパバレー産の白ワインにぴったりのお味でした。

デザートはとても入る場所がなかったのでパスしました。こうして振り返ってみるとものすごく食べてますね(^_^;)
コーヒーはサードウェーブのサイトグラスコーヒー。さすがこだわりがあります。

そしてあとから知ったのですが、このレストラン、なんと、丸の内ブリックスクエアと横浜みなとみらいにも支店があります!こちらです。びっくり。知らなかったです。
c0237291_00063665.jpg
お腹もいっぱいになって大満足でダウンタウンのホテルに戻りました。帰りの車の窓から見えた、とってもサンフランシスコらしい建物です。
サンフランシスコの旅行記、まだまだ続きます。

by traveling-cooking | 2017-11-14 23:58 | サンフランシスコ | Trackback | Comments(0)

アメリカンダイナー in サンフランシスコ


いわゆるカッコイイ、という種類には入らないけれど、美味しくてなつかしい、昔からある、というお料理ってたぶん世界中どこにでもありますよね。時々食べたくなる味、でもあります。
c0237291_08050425.jpeg

アメリカでそういうお料理が食べられるのは、今流行りのカフェ、ではなくて昔ながらのコーヒーショップや、ダイナーと呼ばれる食堂。思わず入りたくなる、場所です。
c0237291_06483438.jpeg
ここはちょっと昔ながらの、というには店構えもインテリアもキレイすぎるのですが、出てくるお食事はまさにアメリカンクラシック。
テーブルの上のお砂糖や塩、ジャムやソース類もいい味出してます。笑

c0237291_06512296.jpeg
朝ごはんを食べに行きました。

定番のtwo eggs any style、卵2つ、好きな調理法で出してくれます。これは、sunny side up、目玉焼きにハッシュドポテト、そしてカリカリのベーコン。

c0237291_06553142.jpeg
こちらは私のオーダーしたもの。やはり卵は2つですが、焼き方はovereasy オーバーイージー、目玉焼きを両面焼いたものです。卵がまだトロッとしているのでeasyという名前がついてます。ダイナーやコーヒーショップの熱い鉄板の上で焼き上げるので家庭のフライパンには出せないカリッと感があり、いろいろな味もしみていてまさに涙ものの美味しさ。
c0237291_07013463.jpeg
トーストの種類も、普通の白いパン、ライ麦などチョイスがあります。なんとサワードウのトーストがあったのが驚きでした。サンフランシスコ名物サワードウブレッドは、酸味のある美味しいパン。卵とコンビーフハッシュにもぴったり。
そしてこういうところのコーヒーは何故かとても美味しいんです。今流行りのコーヒー、ではないんですけどね。昔ながらのライトなアメリカンコーヒーです。

ダイナーやコーヒーショップ、日本中どこに行ってもお蕎麦屋さんがあり、盛りそばやかけそばがあるようなものかなと思います。美味しかった!

たくさん歩き、たくさん見て、そしてもちろんたくさん食べたサンフランシスコの旅、無事に終わって帰宅しました。まだまだブログに書いていないことがたくさん。これからまたアップしますのでまたのぞいていただけたらうれしいです。







by traveling-cooking | 2017-11-11 06:46 | サンフランシスコ | Trackback | Comments(0)

フェリービルディング マーケットプレイス

サンフランシスコ中心街のホテルに移動してきました。
お散歩がてらフェリービルディングマーケットプレイスに行ってみました。

c0237291_16160785.jpg
海沿いのベストロケーションに建つフェリービルディングは、お買い物や食事ができ、ベイブリッジやゴールデンゲートブリッジも眺められる人気スポットです。この日は土曜日。たくさんの人で賑わっていました。と言っても、混雑のレベルは日本よりはるかに低いのですが。
c0237291_16285912.jpg
食べ物関係のお店が中心です。お店はたくさんあったのですがほんのすこしだけご紹介しますね。
こちらはキノコ専門店。
c0237291_16014315.jpeg
マッシュルームだけでなく、ポルチーノやシイタケ、そしてオレゴン産の松茸も!頑張って匂いを嗅いでみたのですが、ほぼ匂いは感じられなかったような…
キノコ栽培セットも割と派手派手しく並べられていましたが、これはどういう人が買って行くのでしょうか?

c0237291_16190320.jpg
スイーツのお店です。
c0237291_17561269.jpeg

オリーブオイル専門店も目を引きました。
c0237291_16222025.jpg
1センチ角くらいに細かく切ったバゲットが置いてあり、オリーブオイルに浸してテイスティングするスタイルでした。No double dip 2種類以上つけないでね、と買いてありました。
c0237291_16312068.jpg
オイルは重いので、オイルの中に入れて香りをつけるスパイスのミックスを買いました。こちらのお店のオリジナルです。日本でフレーバーオイルを作るのが楽しみです。

こちらのお店は、オーガニックワインとオリーブオイル、オリーブの木のクッキングツールなどとても素敵な品揃えでした。
c0237291_18032416.jpg
この頃日本でも大人気の、ブルーボトルコーヒーのお店もありました。
c0237291_16354537.jpg
c0237291_16371359.jpg
ブルーボトルのようないわゆるサードウェーブコーヒーはここカリフォルニアが発祥の地。ここもそれほど混んでいなくてすぐラテを買うことができました。
c0237291_16543892.jpg

c0237291_16473386.jpg
サイトグラスコーヒーロースターもサードウェーブの一つだそうです。屋外にテントで出店していましたが他にサンフランシスコ市内に3店舗あるそうです。

街を歩いていても、コーヒーのお店の多さは日本の比ではなく、暮らしにコーヒー文化が根付いているのが感じられます。アメリカにいると、日本にいる時よりも無意識にたくさんコーヒーを飲んでしまうのはそのせいでしょうか。




by traveling-cooking | 2017-11-07 15:48 | サンフランシスコ | Trackback | Comments(0)

ウオルナットクリークのスーパーにて

キッチンウェアのお店と同じくらい、楽しいのがアメリカのスーパーです。
日本でも私はコストコに行くとかなり幸せになれるのですが 笑 アメリカのスーパーはぐるぐる歩き回っても全く疲れないくらい大好き。生ものは日本に持ち帰れないので見るだけですが、それでもワクワクなんです^_^
ウオルナットクリークのスーパー、同期のCちゃんに連れて行ってもらい、幸せにハシゴしてきました。
c0237291_15440993.jpg

芽キャベツも茎についたまま売っています。まじまじと見てしまいます。
c0237291_15420002.jpg
色とりどりのポテトに目を奪われます。日本でも、紫のポテトがあると喜んで買いますが、いつも手に入ったら、皮が付いたまま何色かを混ぜてベークドポテトにしたらきれいだろうな、と想像したりします。

c0237291_15533203.jpg
フルーツもたくさん。ひとつひとつの量も本当に多いです。日本のカットフルーツの何倍もの量がありそうです。
c0237291_15542302.jpg
カット野菜の種類の多さにもびっくりします。
c0237291_15520826.jpg
日本でも炒め物ミックスをスーパーで見かけますが、切り方もさまざまな色とりどりの野菜、炒め物だけでなくいろいろ使えそうですね。
c0237291_15552793.jpg
大きなマッシュルームもスライスして売ってます!
昔、アメリカに住んでいた時には頻繁にスーパーに買い物に行っていましたがこんなにカット野菜があった記憶はないので、やっぱり時代はどんどん便利になっているのでしょう。便利なものを利用することでお料理する機会が増えれば、とても良いですよね。

試食コーナーでは、アーティチョークとガーリックペーストで作ったディップをクラッカーにのせたものをすすめられました。とても美味しかったのでこの日買って帰ってCちゃん宅でもいただきましたが、これからのホリデーシーズンにぴったりのアペタイザーでした。重くなければ日本に大量に買って帰りたいです。泣
c0237291_16054803.jpg
そして今や、世界中のスーパーで、お醤油や胡麻油は普通に売っているので驚きませんが、今回びっくりしたのはこちら。
c0237291_16002290.jpg
左はごま塩、右は昆布の粉末です!
カリフォルニアのスーパー、おそるべし、と思ったのでした!





by traveling-cooking | 2017-11-05 15:23 | サンフランシスコ | Trackback | Comments(0)

クリスマスシーズンスタート in ウオルナットクリーク

アメリカ西海岸に来ています。
一番目の滞在は、サンフランシスコ郊外のウオルナットクリーク。
サンフランシスコのベイエリアにあり中心部からも電車ですぐのとても便利な高級住宅街。自然に恵まれ治安も良く、生活に必要なものは全て揃っています。
この街にCA時代の同期が長く住んでいるので遊びにやって来ました。
c0237291_16425329.jpg

キッチングッズやテーブル周りのものに目がない私をよく知っているCちゃんが、まさに私のツボ、のお店に次々と案内してくれます。
自分一人だったら、えーっと、このお店はどこだっけ?となるところですが、そのロスが全くない、ストレスフリーなお買い物タイム。もう25年もこの地に住むCちゃんはまさにジモティ。

c0237291_16431919.jpg

昔は日本にもあったウィリアムスソノマ。そしてクレイトアンドバレル、ポッタリーバーンはなんと隣同士に並んでます。大好きなお店が勢ぞろい、まさに夢のようなひと時。
ちょうどハロウィンが終わり、サンクスギビングのものも少々あるものの、店内はすでにクリスマスモードに変わっていました。

c0237291_16400523.jpg
ホリデーキャンドルやキャンドルやハーバリウム、
c0237291_16402801.jpg
そしてやっぱりクリスマスは赤ですね。お菓子が積み上げられていました。
c0237291_16405766.jpg
キッチンエイド、この季節はレッドが前面に。とてもきれいなクリスマスレッドです。
c0237291_16412160.jpg
c0237291_16414631.jpg
そしてこのペッパーミルのかわいいこと!夏には使いにくいから季節限定だけど、ちょっと欲しいなあ…

サンフランシスコと近郊の旅、まだまだ続きます。



by traveling-cooking | 2017-11-04 08:33 | サンフランシスコ | Trackback | Comments(0)

ブログでご紹介いただきました & うれしいつくれぽ

秋のタイ料理レッスンにいらしてくださった方がブログで様子を報告してくださいました。
自分のレッスンのことをご紹介いただくのはとてもうれしいことですが、私としてはレッスンをちょっと違った視点で見られる感覚もあるところがとても勉強になります。ありがとうございます。

お花のワークショップ、Ton Ton Cafe’s花Clubを主宰されているトントンままさんのブログです。トントンままさんの文章はとても温かく読んでいてひきこまれる魅力があり、実は私は実際にお会いする前からこちらのブログのファンでした。

白神こだま酵母のパン教室、*honoka*を主宰されている、fumieさんのブログです。いつもながらの抜群のセンスで、今回も私の料理の写真をきれいにたくさん撮っていただきました。お料理の内容の丁寧なレポートにも感謝です。

お2人とも、それぞれ素敵なお教室を主宰されていて、お会いしていろいろなお話ができるのもいつも楽しいひと時です。私も、お2人のレッスンでは生徒としていろいろ教えていただいています。

さっそく、ご自宅でつくりました!というつくれぽもいただきました。こちらは、KIさんです。
ガイヤーン、タイ風の焼き鳥(グリルドチキン)です。
c0237291_10181593.jpeg
フルタイムでお忙しい毎日を送られているKIさん、この日も朝から鶏肉をつけダレにつけて冷蔵庫に入れておいたので、夕食の準備も楽だったとご報告いただきました。お役に立ててうれしい限りです。

NSさんもこのガイヤーンをご自宅でお作りいただいたそうです。簡単なので、食卓への登場回数も増えそうです、とのうれしいお言葉、ありがとうございました。

家でも作れる美味しいレシピ作り、これからも頑張っていきます!



by traveling-cooking | 2017-11-01 09:53 | つくレポコレクション | Trackback | Comments(0)

旅、美味しいもの、そしておもてなし。

おもてなし教室【旅するKitchen】について

おもてなしといっても、ごくカジュアルな、お友達と一緒に楽しめるひとときの提案です。毎日の食事作りも楽しくなるそんなレッスンを目指しています。
メニューは、気軽にトライできる、簡単ででもちょっとオシャレなお料理を厳選しました。おもに海外の家庭料理をご紹介したいと思っています。
実習はありませんが作る手順をお見せし、レシピもお渡ししますので、ご自宅で十分再現可能、くつろいでお過ごしください。後片付けもありません。 もてなしたい方だけでなく、もてなされたい方、旅が好きな方も大歓迎です。

ぜひ、旅するKitchenに遊びにいらしてくださいね!


Hiroko

中学、高校、大学のそれぞれ半分をアジアとアメリカで送り、結婚後も夫の赴任でNYのマンハッタンで子育て。海外と日本を往復する生活を通して、環境適応力には自信ありです。自宅に人を招いて一緒にご飯を食べるのが何よりの幸せ、ひと月に35人という記録があります!
海外でのお料理教室受講や食べ歩き、スーパーやフードショップ巡りが趣味です。
家族は夫、社会人と大学生の息子。
国際線CA、英会話講師、国際機関秘書を経て、東京都大田区の自宅でおもてなし教室をオープンしました。

KEYWORD: おもてなし教室、料理教室、海外旅行、海外、家庭料理、ホームパーティー、ニューヨーク、東南アジア、大田区


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ
全体
レッスンスケジュール
レッスンにご参加の方へ
過去のレッスン
つくレポコレクション
海外のお料理教室体験記
旅行 国内
伊豆だより
香港
タイ
パリ
ロンドン
フィンランド
ハウスキーピング
シンガポール
カナダ
ニューヨーク
インドネシア
マカオ
ベトナム
韓国
ドイツ
チェコ
キッチンツールとテーブルウェア
レッスン・セミナー等受講
レストラン
おうちごはん
テーブルコーディネート
旅について
日々のこと
お出かけ
サンフランシスコ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
お気に入りブログ
手づくりひとてまの会『文...
ふくすけのコネコネ 編み...
ちぎりパン 日本一簡単な...
Lumias*
*TEN*NEN*
mamikono。~ハレ...
山の実のおうち
… olive イタリア...
SUN+TRAP 「美味...
mon-favori お...
小さなパンのアトリエ *...
あかね雲キレイ♪
Backe 605*me...
yuchipan
あさパン!
ビーズ刺繍【エミリコラボ...
Ton Ton Cafe
「針しごと トイトイト...
Me ke aloha ...
launa パンとお菓子...
小さなおうち cafe ...
土浦・つくば の パン教...
暮らしも心も整える
最新のコメント
Hirokoさん、こんに..
by tonton-cafe at 16:12
山の実さん、コメントあり..
by traveling-cooking at 14:51
以前TVで拝見して、憧れ..
by codswolds-ssr at 07:45
山の実さん、うれしいコメ..
by traveling-cooking at 10:00
”大人のハロウィンパーテ..
by codswolds-ssr at 20:44
こちらこそ、楽しいひと時..
by traveling-cooking at 22:29
HIROKOさん、先日は..
by tonton-cafe at 18:17
トントンままさん、うれし..
by traveling-cooking at 10:43
こんにちは♡ 今回のレ..
by tonton-cafe at 15:16
山の実さんこんにちは。 ..
by traveling-cooking at 11:52
検索
タグ
最新の記事
クリスマススワッグのワークシ..
at 2017-12-14 09:13
サンフランシスコの友人宅にて
at 2017-12-04 12:49
サンフランシスコのお料理教室..
at 2017-11-24 01:16
クリスマスレッスンについて
at 2017-11-22 07:10
一足早いクリスマスプレゼント
at 2017-11-20 16:42
外部リンク
ブログジャンル
画像一覧