人気ブログランキング |
久が原 料理教室 旅するKitchen

カテゴリ:伊豆だより( 29 )

柑橘類のこと

私は柑橘(かんきつ)類が大好きです。

まず、日本の冬は何といってもみかん!
みかんがどこに行っても手に入り、普通に食べられる日本って、なんと素晴らしいのでしょう!
(アメリカでも、アジアでも、日本のみかんはなかなか入手できません。オレンジ、ともちょっと違うしね)
海外に住んでいるときもずっとそう思っていたのですが、どうも最近、日本ではみかんの人気が下降気味、だそうです。

つい数日前のニュースで見たところによると、みかんの不人気は、皮を剥く面倒さにもあるそうです。
スーパーで最近人気上昇中なのは、すぐに食べられるカットフルーツなんだとか。えーっ、そうなの???
なので、みかんの産地の生産者の方々は、みかんの早剥き動画をYouTubeにUPしたりしてPRされているそうで..
みかんの皮むきは、ナイフも必要ないし、手ですっと剥けるのにどうして面倒なんでしょう、とちょっと不思議に思っているのですが...わずか数秒ですしね。

柑橘類の一大産地である伊豆に通うようになって8年、私は前にも増して柑橘類を身近に感じています。
連休にも伊豆のJAに行き、いろいろ買い込んできました。
どれも生産者の方のお名前が明記されている、地元の製品です。
c0237291_23163169.jpg

レモンは塩レモンに。(本当はマイヤーレモンが好きなのですが、この日はありませんでした)
写真ではみかんに見える、橙(だいだい)は、自家製ポン酢に。
絞った橙の果汁に同量の醤油を混ぜ、少しだけ酢を足した中にだし昆布を沈めてしばらく置きます。私は長く保存することはなく、早く使い切りたいので火を入れることはない分、手軽に作れます。
味見をしつつ量を調整。なので、毎回微妙に味は違っていると思いますが、なべ物や湯豆腐のシーズン、混じりけのないすっきりした風味が最高です。
橙は袋から出してしまいましたが、4個でなんと100円!とてもみずみずしくて、一個で70cc近くも果汁を絞ることができました。皮は今回お風呂に入れて楽しみましたが、だいだいのピールを作っても美味しそうです。
金柑はそのまま食べるほか、毎年、圧力鍋で甘露煮にしますが、一緒にできるシロップも炭酸に混ぜたりして美味しくいただけます。

今は独立した息子たちも、柑橘類が大好きです。子どものころから風邪もほとんどひかなかったのは、ビタミンCをたくさんとっていたからかな、と思っています。
みかんの生産量が減って、いつでも食べられなくなっては大変です!
皆さん、みかんをもっと食べましょう!!

by traveling-cooking | 2019-01-15 23:17 | 伊豆だより | Trackback | Comments(0)

ジューンベリー


ゴールデンウイークもなんだかずいぶん前のことのよう、
ふと気づくともう5月も終盤…
あわただしく生活していても季節は確実にすすんでいきます。

伊豆の庭ではバラが健気に咲いています。
思い出したように肥料を時々蒔くほかはほとんど手をかけられない割に、一年に何回も花を咲かせるとても元気なバラです。
c0237291_09044725.jpeg


ジューンベリーも驚くほどたくさんの実をつけました。
植えた時からある程度の大きさはありましたがさらにぐんぐん生長し、高い木になりました。北アメリカ原産、実は自然な甘さ、りんごとブルーベリーの中間のような味がします。
c0237291_09071351.jpeg
とても全部は採り切れないので少しだけ。あとは遊びに来てくれた鳥さんたちに献上です。笑


c0237291_09091111.jpeg
そのまま食べたあとは、残りをジャムにしました。レモンとお砂糖だけを入れてゆっくり煮た、シンプルなジャムです。
c0237291_09591192.jpeg




by traveling-cooking | 2018-05-27 09:15 | 伊豆だより | Trackback | Comments(0)

プチトマトとナス

今年は伊豆の家で夏野菜を育てたいな、と思い立ったのが春。
何が簡単かな、とホームセンターの園芸売り場でウロウロしながら真剣に苗をながめ、とにかく簡単そうなのがいいよね、と選んだのがプチトマトとナス、オクラ、ズッキーニ他。花やハーブ類(パクチーも!)は毎年育てていますが、野菜にちゃんとトライするのははじめての初心者です。
肥料も自分なりに厳選し、ちょっと背がのびてきたら棒を立てて倒れないようにし、鳥対策にアーチ形の枠を立てて網を張り、と私にしては手をかけて(笑)少し頑張りました。15センチくらいだった苗もあっという間に私の背より高くなりました。

とにかく、頻繁に通えないため、週に1度チェックできればいい方で、下手をすれば2週間、3週間と放置してしまう悪条件。そろそろ雨が降らないと、トマトもナスも枯れるなー、と東京で朝の天気予報を見ながら不安になる日々が続きましたが、そんな中かなり頑張って成長してくれました。

こちらが、7月はじめの写真です。
c0237291_15073550.jpg


まだ青いプチトマト、取りあえず収穫して持ち帰り、追熟させましたがわりと時間はかかったもののきれいに色づき、味もまあまあでした。少し丸みのある形のナスはサントリーのトロトロ炒めナスという品種です。苗を物色しているときにふーん、という感じで取りあえず選んだのですが、本当にトロトロでした。薄切りにしてフライパンで焼いて、生姜醤油と鰹節でいただいたのですが、野菜とは思えないまろやかなとろみで美味しかったです。品種改良ってすごいとあらためて思いました。そして、そんな品種を家庭で手軽に育てられるなんて、さらに驚きです。

そして、2週間後の先週末の収穫の写真がこちらです。

c0237291_14533957.jpg

プチトマトが豊作!ここに写っているのは一部で、ざっと数えても100粒以上。
色もきれいで、何よりつやつや。まるでぶどうのようにたくさんびっしりと実りました。食べてみるとこれが甘くてみずみずしく、再び感激。

たくさん持ち帰ってきたプチトマト。そのまま食べてももちろん美味しいけれど、ちょっとひと手間かけました。
c0237291_15115415.jpg
湯むきしたプチトマトを、好みのつけ汁に漬けてマリネにします。オリーブオイルとビネガーに漬ければイタリアン、ナンプラーとレモンに漬ければエスニック。少し手間ではあるのですがやはり湯むきしないと味がつきませんから、これは面倒がらずにやります。
きょうはちょっと濃いめのかつおのだし汁に漬けました。スープとしても飲めるように塩はほとんど加えずに、トマトの甘味と酸味を生かします。
冷蔵庫で冷やしていただきます。だしがしみたプチトマトはさっぱりしてお口直しにもなり、夏によく作るボリュームたっぷりの揚げ物などにはベストマッチ。

夏の間にもっとたくさん収穫できると思うので、そのまま食べるのはもちろん、プチトマトのトマトソース(ソースも甘くてとても美味しいです)や、ドライトマトなど、たくさん利用していこうと楽しみにしています。
まだ結果が出ていないズッキーニやピーマンにも、頑張ってもらいたいな~ 笑


by traveling-cooking | 2017-07-20 14:30 | 伊豆だより | Trackback | Comments(2)

GWランチ

今年はお天気にも恵まれ、さわやかな日が続いた連休でした。
寒くも暑くもなく、雨もさほど降らず、そして虫もまだいないというベストシーズン。
c0237291_10505517.jpeg
伊豆の庭でのランチタイムです。
パンチェッタにパルメジャーノレッジャーノ、小豆島オリーブ。ルッコラやトレビス、いろいろ盛り合わせました。ワインやスパークリングもいいかなと思ったけれど、やっぱりビールの気分でした。
c0237291_10512587.jpeg
ピザも焼きました。子どもたちが食べ盛りだったころはしょっちゅう作っていたのですが、久しぶり。成形は麺棒を使わずに空中で伸ばしつつ、まとめます。
昔住んでいたNYで、近所のピザ屋さんが空中でくるくる回転させながら手で伸ばしていたのを見て真似したのが始まり、台も必要ないし、とても手軽にできます。丸くするのは難しいし、何より天板ぴったりにならないので、私はものすごくアバウトですが(アバウトさは見ておわかりかと思いますが(^^;)いつも四角く作っています。もちろんくるくる回すのはムリですが、生地を持ったまま少しずつ引っ張りながら形作る感じ。
ピザは気温が高めなのであっという間に発酵してなかなかいい感じでした。ピザソースは、トマト缶にオリーブオイルや庭のオレガノ、タイムをちぎって入れ、煮詰めました。ソースはいつも適当に作りますが、なんとなく味がまとまります。
具が見えないくらいにチーズを上からかけて焼きました。若者たちも一緒だったので、食べ物はすべて瞬間蒸発。笑

また別の日は、ちょっと暑かったので室内ランチ。
c0237291_10532317.jpeg
こちらは、訪ねてきてくれたお友達と私の二人ランチでした。シーフードグラタンにミネストローネスープ、サラダ。気取りがないいつものメニューですが、アットホームな感じで喜んでもらえたのでうれしかったです。ちぎりパンはBacke晶子さんのレシピ 、とても簡単で美味しくできるのでオススメです。

この他にも、タイ料理三昧の日もあり、毎日お料理して過ごした充実の連休でした。喜んで食べてくれる人がいるのは本当にうれしいことです。今年の連休は長いと思っていましたが、楽しい時間はいつもあっという間、ですね。



by traveling-cooking | 2017-05-06 12:01 | 伊豆だより | Trackback | Comments(0)

庭に椎茸!

伊豆の家の庭に、木の切り株を積んでいる場所があります。まわりに木もあり、湿気も適度にあるところなのですが、ここになんと椎茸が生えてきました。

実はかなり前からきのこが生えているのには気づいていたのですが、なにしろ素人なので、毒キノコだったら怖いかなと思って放置していたのです。
たまたま先日地元の方に、”どうして食べないの?これ絶対椎茸だよ”と言われて、ああやっぱりそうだったのかと思った、無知な都会人の私たち。今までもったいないことをしてきました( ; ; )
c0237291_13134179.jpeg
ネットで調べたらシーズンは春と秋。
長雨でダメになったものもたくさんあったので、秋はしっかり観察して採り損ねないようにしようと思います^ ^

c0237291_20464380.jpeg
庭で育てているパクチーも一緒に、バターで炒めて夕食の一品に。美味しかったです。


by traveling-cooking | 2017-04-15 08:51 | 伊豆だより | Trackback | Comments(0)

伊豆の春

春一番も吹き、三寒四温を繰り返しながら次の季節へと向かっていく時期ですね。
週末通っている伊豆も、少しずつ春らしくなってきました。

2月19日は、大室山の年に一度の山焼きの日。毎年2月の第2週の日曜日と決まっているので、本当は先週の予定だったものが、残雪のせいで一週間延期に。去年も何度も延期になっていたのですが、天候に左右されて予定通り行われることは少ないようです。
大室山は、毎年山焼きをしていることもあり、一年生植物で覆われていて樹木は生えていません。夏になると緑色の草で山全体が覆われたようになるのですが、冬になるとそれがすべて枯れて山全体が枯草一色になります。
この枯草を燃やして新芽の成長を促すという目的で行われる山焼き、700年以上続いている伝統行事で、伊豆の季節の風物詩でもあります。山すそから点けられた火が上に燃え上がっていく様はなかなか迫力があります。
c0237291_18181956.jpeg
まるで山火事のようです。正午ぴったりに花火が打ち上げられたあとに火がつけられ、30分もたたないうちに、枯草色だった山全体がこげ茶色に変わりました。
c0237291_00180731.jpeg
こちらは河津桜。今年は温かい日が多かったので昨年より早く咲いています。ピンク色が濃いのでソメイヨシノのような繊細さはありませんが、寒さの残る中、花開く力強さを感じさせる桜です。河津のさくら祭りも大賑わい。お店もたくさん出ていました。

c0237291_00210645.jpeg
庭に自生しているふきのとう。この1週間ほどで驚くほどたくさん芽を出してきました。天ぷらもおいしいのですが、たくさん採れたのでアヒージョにしようかな。

by traveling-cooking | 2017-02-20 00:30 | 伊豆だより | Trackback | Comments(2)

JAあいら伊豆 ファーマーズマーケット いで湯っこ市場

7月に入り最初の週末は、本格的な暑さに対峙する覚悟を試されているような真夏日でしたが皆さまいかがお過ごしでしたか?
私は日曜日の朝一番に、こちらにお出かけしてきました。川奈の近くです。
JA農産物直売所 いで湯っ子市場
c0237291_14574046.jpg


地元の農家の方々が、とれたばかりの作物を早朝に直接納入する、ファーマーズマーケットです。新鮮そのものの野菜や果物が所狭しと並んでいます。どれも、近隣の生産者の方のお名前付き。お安いのはもちろんですが、とれたてのお野菜の味は何にも代え難いものがあります。毎朝搬入し、売れ残りは引き取るということのようですが、飛ぶように売れていくのであまり残らないかな?
c0237291_1744866.jpg
c0237291_1722933.jpg

一年を通して豊富な品揃えで、冬は地元の大根や白菜も美味しいですが、今の季節の夏野菜のバラエティは一段と豊か。何を作ろうかしら、と考えながら野菜を眺めながら店内を歩く、ワクワクするひと時。新鮮な野菜はどれもピカピカですが、なんだかエネルギーを発している気がするのですよね。野菜のパワーがまわりの空気も上向きにしているような気持になります。
c0237291_173574.jpg
きゅうりだけでこの量!

いつも、ついつい買いすぎてしまうのですが、きのうはこれくらいにしました。すぐ家にもどり、買ったばかりの野菜でサラダを作りランチに。
c0237291_1724562.jpg

ガラスのコップにオイルとビネガー、しょうがと塩コショウに少しだけお醤油を入れてフォークでかき混ぜてライトなドレッシングを作り、さらっとかけていただきました。やはり、新鮮なお野菜には手作りの新鮮なドレッシングが美味しいかな、とこの頃思っています。添加物の一切入っていない、作りたてのドレッシングの美味しさ、いずれレッスンでもお伝えしたいと思っています。
by traveling-cooking | 2016-07-04 17:05 | 伊豆だより | Trackback | Comments(0)

紫陽花の季節

梅雨の真っ最中というには雨が少ない関東地方ですが、今は紫陽花の季節です。街中でも、住宅街でもたくさん紫陽花を見かけます。この季節ならではの色彩が目を愉しませてくれます。
c0237291_10125421.jpg

週末は伊豆で、大好きな紫陽花スポットに行ってきました。毎年この季節になると、特に用事がなくてもふっと車で寄り道したくなるこの場所。雄大な里山の景色の中に紫陽花が咲いている、とても風情のある場所です。菖蒲園もあるのですが、もう菖蒲の季節は終わり、紫陽花だけが残っています。
c0237291_10131482.jpg


c0237291_10135142.jpg


c0237291_10144923.jpg

田んぼも水をたたえていて、山々の緑も目に優しく、思わず深呼吸したくなる風景です。雨が続くと憂鬱になることもあるけれど、天の恵みのおかげでお米もできるし紫陽花も綺麗に咲くのですよね。自然の力に感謝。普段気づかない、自分の中の、日本人としての農耕民族のDNAを感じるような、時間です。
自然に包まれてデトックスし、新しい力もチャージされました。暑い夏に向かって、心身ともにパワーアップしていきたいと思います!
by traveling-cooking | 2016-06-27 10:00 | 伊豆だより | Trackback | Comments(0)

遅ればせながら、さつまいもの収穫

伊豆の庭に植えたまま、放置していたさつまいも。
つるはぐんぐん伸びて地面を這い回っていましたが、秋からは忙しくあまり行く時間もなかったため全く手入れもせず、今年はダメだなあと思ってあきらめて良く見てもいませんでした。
しかし、昨日、ところどころ土が盛り上がっているのに気づき、まさかと思いつつ掘り返したところ、なんと、さつまいもが育っているではありませんか!
c0237291_19575755.jpg

もうびっくり。測ってみたら一番大きいのは700g近くありました。
本当は11月くらいに収穫しないといけないのにずっと地中に置きっぱなしで本当にごめんなさい。
と心の中で謝りつつ収穫。
もう少し早く気がついていたら、おせちの栗きんとんに使えたのに、残念なことをしました。さあどうしよう、と思い、細目のものは薄くスライスしてオリーブオイルと美味しい岩塩で揚げ焼きに。
大きなものは、やっぱりスイートポテトにすることにしました。
c0237291_19572537.jpg

写真では分かりにくいですが、直径3センチくらいのミニスイートポテト。ちょっとつまむのに最適なお菓子。たくさんできたのでお友達と一緒に楽しく食べました。
今までハーブ類はたくさん育ててきましたが、これほど食べ応えのあるものははじめて。それに、庭でとれたさつまいもだと思うと、美味しさも格別。笑
春になったらまた、食べられるものを植えてみよう!と思ったのでした。
by traveling-cooking | 2016-01-12 20:15 | 伊豆だより | Trackback | Comments(2)

梅雨

早いもので、もう6月も下旬。もう今年も半分が終わろうとしています。なんと早いのでしょう。歳をかさねるごとに時間の経過が早くなっていくのを痛感。

梅雨の間はすっきりしないお天気が続きますが、こんな時ならではの風景を伊豆で見つけました。
c0237291_1028777.jpg

c0237291_10232493.jpg

紫陽花も、まだ咲いていますがそろそろおしまいかな。
紫陽花の花の色は、土壌のPHで変わると聞いたことがあります。酸性だと青、アルカリ性だとピンクになるとか。なので、ヨーロッパの紫陽花はほとんどピンクだとのこと。日本はいろいろな種類がありますよね。これって、どういう土壌なの?といつもこの季節になると不思議になるのでした。笑
c0237291_10235774.jpg


そして、田植えの終わった水田が水をたたえています。静岡は日本全体で言えばお米の生産量は下から数えた方が早いくらいだしどちらかというとみかんやお茶のイメージが強いですが、静岡産のコシヒカリも生産されているんですよ。
農家の方が時折田んぼの様子を見にきていらっしゃる以外はほとんど人も通らず、静かなところです。何もせず景色を見ているだけの時間もなかなかいいものです。
by traveling-cooking | 2015-06-26 10:56 | 伊豆だより | Trackback | Comments(0)

旅、美味しいもの、そしておもてなし。

おもてなし教室【旅するKitchen】について

おもてなしといっても、ごくカジュアルな、お友達と一緒に楽しめるひとときの提案です。毎日の食事作りも楽しくなるそんなレッスンを目指しています。
メニューは、気軽にトライできる、簡単ででもちょっとオシャレなお料理を厳選しました。おもに海外の家庭料理をご紹介したいと思っています。
実習はありませんが作る手順をお見せし、レシピもお渡ししますので、ご自宅で十分再現可能、くつろいでお過ごしください。後片付けもありません。 もてなしたい方だけでなく、もてなされたい方、旅が好きな方も大歓迎です。

ぜひ、旅するKitchenに遊びにいらしてくださいね!


Hiroko

中学、高校、大学のそれぞれ半分をアジアとアメリカで送り、結婚後も夫の赴任でNYのマンハッタンで子育て。海外と日本を往復する生活を通して、環境適応力には自信ありです。自宅に人を招いて一緒にご飯を食べるのが何よりの幸せ、ひと月に35人という記録があります!
海外でのお料理教室受講や食べ歩き、スーパーやフードショップ巡りが趣味です。
二人の息子は社会人。それぞれ独立し、夫と二人暮らしです。
国際線CA、英会話講師、国際機関秘書を経て、2013年より東京都大田区の自宅でおもてなし教室を主宰しています。

KEYWORD: おもてなし教室、料理教室、海外旅行、海外、家庭料理、ホームパーティー、ニューヨーク、東南アジア、大田区


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ
全体
レッスンスケジュール
レッスンにご参加の方へ
過去のレッスン
つくレポコレクション
海外のお料理教室体験記
旅行 国内
伊豆だより
香港
タイ
パース
ハワイ
サンフランシスコ
デンマーク
パリ
ロンドン
フィンランド
シンガポール
カナダ
ニューヨーク
インドネシア
マカオ
ベトナム
韓国
ドイツ
チェコ
テーブルコーディネート
ハウスキーピング
キッチンツールとテーブルウェア
レストラン
レッスン・セミナー等受講
おうちごはん
旅について
日々のこと
お出かけ
台湾
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
more...
お気に入りブログ
手づくりひとてまの会『文...
ふくすけのコネコネ 編み...
ちぎりパン 日本一簡単な...
Lumias*
*TEN*NEN*
mamikono。~ハレ...
山の実のおうち
… olive イタリア...
SUN+TRAP 「美味...
mon-favori お...
小さなパンのアトリエ *...
あかね雲キレイ♪
Backe 605*me...
yuchipan
あさパン!
ビーズ刺繍【エミリコラボ...
Ton Ton Cafe
洋裁教室「針しごと ト...
Me ke aloha ...
launa パンとお菓子...
小さなおうち cafe ...
土浦・つくば の パン教...
お片付け教室☆totoの...
Clamer
最新のコメント
こちらこそ、本当にありが..
by traveling-cooking at 23:11
Hiroko先生、 ..
by chieese07 at 12:32
Cさま、ありがとうござい..
by traveling-cooking at 20:15
初日、早朝から活動されて..
by chieese07 at 20:08
Cさま、お忙しい中レッス..
by traveling-cooking at 10:08
先日は、レッスンに参加さ..
by chieese07 at 21:02
Cさま、先週はお忙しい中..
by traveling-cooking at 07:43
先日はレッスンありがとう..
by chieese07 at 19:39
Cさま、コメントありがと..
by traveling-cooking at 07:22
先日は、ご丁寧に返信をあ..
by chieese07 at 17:57
検索
タグ
最新の記事
初夏のパース
at 2019-11-13 10:15
ワイナリーツアー パース
at 2019-10-28 23:49
パースのお料理教室 Matt..
at 2019-10-26 07:33
パースひとり旅 スタート
at 2019-10-24 10:04
秋の和食レッスン 乾物を使っ..
at 2019-10-22 15:48
外部リンク
ブログジャンル
画像一覧