人気ブログランキング |
久が原 料理教室 旅するKitchen

<   2020年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

タンミーデザイン 2020年2月



そして、私はハノイに来る目的のひとつは、このお店、ハンガイ通りにあるタンミーデザインです。ハノイに来るたびにブログにも書いています。

タンミーデザイン 2020年2月_c0237291_16050154.jpeg

小さな刺繍のお店からはじまって、今やスタイリッシュなインテリアのお店となったタンミーデザイン。もとからある小さなお店の、通りを挟んで向かい側にあります。
私がベトナムに最初に来た時はまだご存命で、そのときに私の着ていたブラウスを『かわいいわね』とほめてくださった創業者のおばあちゃまは残念ながら亡くなられてしまったそうですが、お店はますます素敵なものがそろっていました。

タンミーデザイン 2020年2月_c0237291_16082324.jpeg
タンミーデザイン 2020年2月_c0237291_16101485.jpeg
もちろん一度では済まず、ハノイにいる間に3回も通ってしまってお店の人にも顔を覚えられてしまうほど (笑)今回も、刺繍製品やテーブルクロス、テーブル回りの小物などいろいろ買ってきました。アジアンなものをアジアンテーブルに使うのはもちろんですが、和や洋のテーブルにも生かしていけたら楽しいかなと思っています。お値段も、やはり日本で買うよりもかなりお得です。
タンミーデザイン 2020年2月_c0237291_16125872.jpeg
タンミーデザインに併設のカフェで、ベトナムのつけ麺、ブンチャーを食すひととき。
店内をくまなく眺め、さて何を買って帰ろうかと悩みながらいったん食事をするのも、なかなか楽しい時間です。
気持ちよく完食。これで一人分です。
しかし、改めて写真を眺めると、どう見ても食べ過ぎですよね。

by traveling-cooking | 2020-06-21 16:14 | ベトナム | Trackback | Comments(0)

ハノイ街角スナップ 2020年2月

ベトナム旅行記に戻ります。
(行ったり来たりで途中別の話題をはさむかもしれませんがご容赦くださいね)

ハノイ街角スナップ 2020年2月_c0237291_21481603.jpeg


ベトナムの街は、バイクの数の多さに圧倒されます。
二人乗りはもちろん、三人乗り四人乗りも見かけるので、もうほとんど自動車に近いのかなという気もしますし、
積載量を無視(?)したこんな光景も見かけます。

ハノイ街角スナップ 2020年2月_c0237291_21484643.jpeg
これは、軽トラックではないんですよ、バイクです。 これだけのお花を積み込み(というか、無理矢理乗せ)、バランスを崩さないで走る技術はすごいですよね。
フラフラしないのかなあと心配になります。
ハノイ街角スナップ 2020年2月_c0237291_21541499.jpeg
そしてやはり、笠をかぶっている女性を見ると、ベトナムに来たなあという実感がわきます。
ハノイ街角スナップ 2020年2月_c0237291_21545914.jpeg
ハノイ街角スナップ 2020年2月_c0237291_21594444.jpeg

元気に働いている女性はどこでも魅力的。
ハノイ街角スナップ 2020年2月_c0237291_22001316.jpeg
ふらっと立ち寄った、街中のサンドイッチ屋さんで見かけた女性。
思わず、見入ってしまいます。

ハノイ街角スナップ 2020年2月_c0237291_22042452.jpeg
サンドイッチつながりでもう一枚。
ベトナム名物サンドイッチ、バインミーになる前のパンです。
ベトナムは、フランスの植民地だっただけあって、とってもサンドイッチが美味しいんですよ。
ハノイ街角スナップ 2020年2月_c0237291_22251425.jpeg



タグ:
by traveling-cooking | 2020-06-17 22:02 | ベトナム | Trackback | Comments(2)

夏みかんピール

ベトナム旅行記がまだ続いている最中ですが、きょうは最近のヒット作(笑)、夏みかんピールのことを書きたいと思います。
夏みかんピール_c0237291_15400235.jpeg
伊豆のJAの農作物直売所で買い求めた、無農薬夏みかん。適度な酸味が美味しくてこの時期楽しみのひとつなのですが、せっかくの無農薬、皮を捨てるのはもったいない!
廃棄率をできるだけ低くするには皮も食べきれば良いと思い、ピールを作ってみました。
そして、手作りの美味しさに驚き、立て続けに作っています。なにしろ、夏みかんは今の季節にしかないものなので(なぜシーズンは6月で終わるのに夏みかんというのかちょっと疑問ではありますが)、今しか作れません。
夏みかんピール_c0237291_15410810.jpeg
夏みかんの皮をむき、細長く切ったものをたっぷりのお湯でゆで、3回水を替えてゆでこぼします。その後一晩水につけてあくをぬきます。
そして水気をできるだけ取ってから、お砂糖と少しの水で煮ていきます。あまり混ぜすぎず、鍋をゆする感じでピールに砂糖をまとわせていきます。しっとりと湿った感じになっているピールを一日から二日間、室内で乾燥させてできあがり。
夏みかんピール_c0237291_15413949.jpeg
そんなに大変な作業ではないのですが、とにかく時間がかかります。でも、そんなことも、できあがりのピールを食べれば、たいしたことないと思えるほど。
夏みかんピール_c0237291_15421105.jpeg
市販のものとはまったくお味が違います。
そして、チョコレートでコーティングしたものもお店では売られていますが、よほど美味しいチョコレートでないとこれはもったいないかな、と感じるほどなんです!グラニュー糖をまぶす必要もない、と思うくらい、ピールの中にも甘さがしみていて、かすかな苦みととてもよく合います。
夏みかんピール_c0237291_15424143.jpeg
コーヒーにも、紅茶にも、そして日本茶にも、本当になんにでも合う、自然な美味しさ。
好きなチーズと一緒に、ワインのお供にしても良さそうです。

私はとにかく柑橘類が大好きなので、金柑の甘露煮、自家製ポン酢、マーマレード、ゆず(またはすだち)胡椒、といろいろ作っていますが、夏みかんピールもこれからこの季節の定番になりそうです。



by traveling-cooking | 2020-06-15 15:50 | 伊豆だより | Trackback | Comments(0)

ハノイのショッピング プラカゴと籐カゴ 2020年2月

ベトナムに行く、と言うと、だいたい女性は ”お買い物?いいわね!”というリアクションが返ってきます。ベトナムイコール、雑貨のショッピングというイメージができあがっているのだろうと思います。

大定番なのは、プラカゴ。プラスチックのカゴです。
ハノイのショッピング プラカゴと籐カゴ 2020年2月_c0237291_11394441.jpeg
こちらはプラカゴ通りと言われる、カゴのお店がずーっと軒を連ねるところ。
大きさも形も様々、そして、デザインも私が最初にベトナムに来た時よりもはるかに種類があるのではと思います。
プラスチックのテープを編んで作るものなのですが、ふーん、こういうデザインもあるのね、と感心するようなものもたくさん。
ハノイのショッピング プラカゴと籐カゴ 2020年2月_c0237291_11402017.jpeg
お店の中にもたくさんありますが、店先にぶら下がっているのをしたから眺め、見せてくださいと指さすと、長い棒のようなもので取ってくれます。大きなものでも、手に取るとプラスチックのテープなのでとにかく軽いんです。その軽さが一番の魅力かも。
こちらのお店、ホームページ等ないので、住所念のため書いておきます。旧市街、ハンチェウ通りにあります。
店員さんも親切。いろいろ見せてくれます。

★Tinh Mui 
74A Hàng Chiếu ,Hoan Kiem, Hanoi

私は、プラカゴは大きなもの、小さなものと数個持っています。
大きなほうが使う頻度が高いです。もっぱら、車で日帰り温泉やスパに行くときに利用しています。
タオルや着替え、化粧品等たくさん荷物があっても、底が大きくて形がしっかりしているのでトートバッグに入れたときのように中でごちゃごちゃになることもなく、しっかりとバッグの中が見渡せるのがとても気に入っています。そしてなにしろ、軽いので。


そして、プラスチックではなく、籐やその他天然素材のカゴもたくさんありました。
こちらはハンガイ通りのお店。ごめんなさい、お店の名前わかりません。
ハノイのショッピング プラカゴと籐カゴ 2020年2月_c0237291_11575747.jpeg
模様の入ったものから、シンプルなものまで。
ハノイのショッピング プラカゴと籐カゴ 2020年2月_c0237291_11582634.jpeg
結局買わずに帰ってきたのですが、都心のセレクトショップ等で、こういうバッグがびっくりするようなお値段で売られているのを見ると、やっぱりシンプルなものを、ひとつくらい買ってきたらよかったかな、と思います。上のような写真を見ると、これも良いし、あっちも良いかも、と思ってしまいますが、また行けたら買いにいくことにしましょう。

by traveling-cooking | 2020-06-11 12:01 | ベトナム | Trackback | Comments(0)

ハノイのフォー 2020年2月

ベトナムといえばやはりフォー。フォーが食べたい!
ホテルでも、レストランでも食べられるけれど、ちょっとローカルなところにも行ってみたい!
と思って、ネットで検索して訪ねたものの、お目当てのお店はなんとお休み。というか、本当にここにお店があるの?
という感じの閉まり方(;.;)

あたりを見回し、地元の人で賑わっていたこちらのお店に思い切って入ってみました。
ハノイのフォー 2020年2月_c0237291_05525041.jpeg
なぜか椅子が小さく、そして地面に限りなく近い。まるで幼稚園児の座る椅子のようだわね、と思いつつ、お店の人に目で合図して着席。
ベトナム語ができたらかっこいいんだけどなあ、片言だけでも調べておけば良かったと後悔しつつ、ビーフフォーとビールを注文しました。単語のみで。『お願いします』とかベトナム語で言いたかった!

日本で言えばきっと街のラーメン屋さんのようなところかも。ひっきりなしに人が入ってきて、食事を終えると去って行きます。とても活気があり、お店のお姉さんたちもキビキビと楽しそうに働いていました。
ハノイのフォー 2020年2月_c0237291_08264277.jpeg
そしてやってきました、ビーフフォー!
ゆでられた牛肉、まったくうまみが抜けていませんでした。スープもあっさりしているんだけれど滋味あふれる美味しさ。
塩味だけどだしがきいていて、一口飲むと皆笑顔になれそうな味。
ライムを搾って、唐辛子もたくさん入れて。

何しろ、食べているのが屋外というか、歩道。
すぐそこに道路があり、バイクや車が行き交っています。
ハノイの街の喧噪をすぐ近くに感じながらビールを飲みフォーを食べる。旅の醍醐味でした。

by traveling-cooking | 2020-06-09 08:31 | ベトナム | Trackback | Comments(0)

ハノイ 2020年2月

お教室も、このブログの名前も、旅するKitchen なのですが、
コロナ以降、Stay Home Kitchen になってしまいました。

今年2月、まだ今ほどコロナの影響がなく、行動も制約されていないときに、ベトナムのハノイを旅しました。
旅行記をブログにアップしたかったのですが、帰国後しばらくしてコロナウィルスの影響拡大で生活の制限も日に日に大きくなり、連日の厳しい報道を見ていると旅の話をするのもなんとなくはばかられておりました。

まだまだ予断を許さない状況ではありますが、少しずつ落ち着いてきたと思うので、ハノイの様子をアップしたいと思います。
数ヶ月前なので、ちょっと記憶が定かではないところもありますが。。。

はじめてベトナムに行ったのは6年前。それから確か3回行っているのですが、過去はすべて一人旅でした。
4回目の今回は、時々自由行動を含む女子二人旅です。

ベトナムはコーヒーが有名です。生産量はブラジルに次いで2位。消費量はそれほど多くはないとのことですが、町中にはたくさんのカフェがありました。
ハノイ 2020年2月_c0237291_17101165.jpeg
ここは、XOFA coffee というカフェ。どこでもそうですが、フリーのwifiがあるので、旅行客の姿も多かったです。なかなかおしゃれな感じ。

私たちが行ったのは朝9時くらいだったと思いますが、なんと24時間営業なので、たぶん前の晩からオールしたのでは?と思われるバックパッカーの姿もありました。
まあ、いかにも寝てくださいという感じのソファもあるし、膝掛けなんかもおいてあってくつろげる感じではあるのですが。
ハノイ 2020年2月_c0237291_17110224.jpeg

食べたのは、ほうれん草の入ったパンケーキにポーチドエッグ、その上にオランディーズソースがかかったものでした。
エッグベネディクトをパンケーキで作った、という感じのメニュー。なかなか美味しかったです。
メニューも普通の洋食だけでなくローカルなものもあり、カフェというよりレストランのような感じでした。

書いているうちに、少しずつ旅の思い出もよみがえってきました。また続きをアップしますので、お暇な時にぜひのぞいてくださいね。

by traveling-cooking | 2020-06-07 17:16 | ベトナム | Trackback | Comments(0)

お手紙の復活


自粛生活で、家にいる時間が長くなり、オンラインを活用するようになったことは前回書きましたが、それとはまったく違う、アナログな変化もありました。
それは、お手紙です。

私はもともと手紙魔というくらい手紙を書くのが大好き。そして、便箋や封筒、切手も集めるのが大好きでした。
文通の歴史は、遠く小学校低学年時代までさかのぼります。(遠い目 笑)
書く相手は、離れて住む従姉妹、そして、当時から転勤族の父に連れられて転校を繰り返していたので、離ればなれになったお友達。今までに何百通、いえ、何千通書いたかわかりません。宛先の住所は母に書いてもらっていたのが3年生くらいからは自分で書けるようになり、海外在住時はエアメイルをやりとり。もちろんネットのない時代ですから、文字通り海を越えて時間がかかって届く手紙は本当にうれしくてありがたくて、大事に大事に読んでいました。

時は流れ、メールが主流になったこの頃でも、お礼状や、贈答品のやりとりの際にはずっとお手紙を書いています。
便箋や封筒を求めて、銀座の鳩居堂、そして日本橋の榛原は近くに行くと必ずのぞいています。でも、プライベートでお手紙を書くことはちょっと減っていたんです。
お手紙の復活_c0237291_17522221.jpeg
(写真は日本橋榛原(はいばら)です。それは素敵な便箋や封筒、和紙がたくさんあって、一度入るとなかなか出てこられません。笑)

しかしこの自粛生活!
在宅時間が増えて、ずいぶん減っていた、手書きのお手紙を書く機会がとても増えています。
ちょっとしたお礼から、近況報告、日々の生活の中で思うこと。
コロナの状況もあるので、書くお相手のことを考えながら、つれづれに、気持ちをこめて書いています。内容は本当にとりとめのないことなのですが、気がつくと便箋が3枚、4枚、という感じで増えていきます。本当に自分はお手紙を書くことが好きなんだなと再認識。
お手紙の復活_c0237291_17514896.jpeg
もちろん、メールやLINEは日々の生活の中で便利ですし欠かせないものなのですが、お手紙の良さ、楽しさを再発見できたのは大きな収穫でした。
生活が落ち着いても、お手紙を書くことは忘れないでいたいと思います。


タグ:
by traveling-cooking | 2020-06-06 10:10 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

KUROPAN オンラインレッスン ローストビーフ

自粛生活のおかげで、ZOOMで飲み会をしたり、体操や写真レッスンに参加したりで最近オンラインの恩恵に浴している私ですが、先日ははじめて、ZOOMでお料理レッスンに参加しました。
教えてくださったのは、奈良で、パンとお菓子、お料理の教室 KUROPAN を主宰されているちえみさん。なかなか東京近郊以外のお教室には伺うことが難しいですがオンラインならどこからでも参加できるところは素晴らしいですね。

レッスンメニューはローストビーフ。
前日にお肉屋さんで買ってきたお肉、当然冷蔵庫に保存していましたが、レッスンまでに室温に戻しておいてくださいね、そして、お肉がはいるくらいのお鍋にお湯をわかしておいてね、という事前のお知らせをいただきました。準備万端、わくわくしながら待っていました。

レッスンとなると、しっかり行程が見られなくてはいけないけど、どういう感じなのかな、と思っていたのですが、先生の正面からのカット、そして手元もしっかり別のカメラで写るようになっていて、とてもわかりやすく違和感がなかったです。
指示通りにもも肉を湯煎し、のちほど取り出してちょっと一手間、なのですが、本当にお手軽に完成しました。
私はいつもローストビーフはオーブンで作っていましたが、湯煎のほうが楽、だと思います。
KUROPAN オンラインレッスン ローストビーフ_c0237291_16422627.jpeg
火入れも完璧。柔らかくて美味しいローストビーフの完成です。
レッスンでは美味しいタレも教えていただいたのですが、ちょうど冷蔵庫にだし汁があったので、この日はローストビーフを冷やす間に、ジュレを作ってローストビーフの上にとろっとかけてみました。
春を意識して、新じゃがをさっと素揚げして軽く煮た和風の煮物、それから、グリーンピースご飯のおにぎりにきゅうりのお漬物も添えて、ちょっとおしゃれ?なおうちご飯です。

メインに手がかからないと、気持ち的にもずいぶん楽です。簡単にできる、見栄えのするメインディッシュ、研究しなくては!

★ローストビーフを乗せたお皿はデンマークのロイヤルコペンハーゲン。35年前に、コペンハーゲンの本店の中のアウトレットで買ったもの。現在は本店にアウトレットはありませんが、当時は倉庫のようにすべてのラインがぎっしりと並んでいました。大昔のCA時代の思い出です。



by traveling-cooking | 2020-06-05 16:41 | レッスン・セミナー等受講 | Trackback | Comments(0)

旅、美味しいもの、そしておもてなし。

おもてなし教室【旅するKitchen】について

おもてなしといっても、ごくカジュアルな、お友達と一緒に楽しめるひとときの提案です。毎日の食事作りも楽しくなるそんなレッスンを目指しています。
メニューは、気軽にトライできる、簡単ででもちょっとオシャレなお料理を厳選しました。おもに海外の家庭料理をご紹介したいと思っています。
実習はありませんが作る手順をお見せし、レシピもお渡ししますので、ご自宅で十分再現可能、くつろいでお過ごしください。後片付けもありません。 もてなしたい方だけでなく、もてなされたい方、旅が好きな方も大歓迎です。

ぜひ、旅するKitchenに遊びにいらしてくださいね!


Hiroko

中学、高校、大学のそれぞれ半分をアジアとアメリカで送り、結婚後も夫の赴任でNYのマンハッタンで子育て。海外と日本を往復する生活を通して、環境適応力には自信ありです。自宅に人を招いて一緒にご飯を食べるのが何よりの幸せ、ひと月に35人という記録があります!
海外でのお料理教室受講や食べ歩き、スーパーやフードショップ巡りが趣味です。
二人の息子は社会人。それぞれ独立し、夫と二人暮らしです。
国際線CA、英会話講師、国際機関秘書を経て、2013年より東京都大田区の自宅でおもてなし教室を主宰しています。

KEYWORD: おもてなし教室、料理教室、海外旅行、海外、家庭料理、ホームパーティー、ニューヨーク、東南アジア、大田区


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ
全体
レッスンスケジュール
レッスンにご参加の方へ
過去のレッスン
つくレポコレクション
海外のお料理教室体験記
旅行 国内
伊豆だより
香港
タイ
パース
ハワイ
サンフランシスコ
デンマーク
パリ
ロンドン
フィンランド
シンガポール
カナダ
ニューヨーク
インドネシア
マカオ
ベトナム
韓国
ドイツ
チェコ
テーブルコーディネート
ハウスキーピング
キッチンツールとテーブルウェア
レストラン
レッスン・セミナー等受講
おうちごはん
旅について
日々のこと
お出かけ
台湾
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
more...
お気に入りブログ
手づくりひとてまの会『文...
ふくすけのコネコネ 編み...
ちぎりパン 日本一簡単な...
Lumias*
mamikono。~ハレ...
山の実のおうち
… olive イタリア...
SUN+TRAP 「美味...
小さなパンのアトリエ *...
Backe 605*me...
yuchipan
あさパン!
ビーズ刺繍【エミリコラボ...
Ton Ton Cafe
洋裁教室「針しごと ト...
Me ke aloha ...
launa パンとお菓子...
小さなおうち cafe ...
土浦・つくば の パン教...
お片付け☆totoのえる...
Clamer
最新のコメント
> 平林りえさん あり..
by traveling-cooking at 14:19
こんばんわ。ご無沙汰して..
by 平林りえ at 20:01
山の実さん、コメントあり..
by traveling-cooking at 16:29
東京は新型コロナウィルス..
by yamanomi at 18:19
山の実さん、大変ご無沙汰..
by traveling-cooking at 00:41
お久しぶりです キッチ..
by codswolds-ssr at 22:41
こちらこそ、本当にありが..
by traveling-cooking at 23:11
Hiroko先生、 ..
by chieese07 at 12:32
Cさま、ありがとうござい..
by traveling-cooking at 20:15
初日、早朝から活動されて..
by chieese07 at 20:08
検索
タグ
最新の記事
ハノイのお料理教室 Apro..
at 2020-07-04 10:14
タンミーデザイン 2020年2月
at 2020-06-21 16:14
ハノイ街角スナップ 2020..
at 2020-06-17 22:02
夏みかんピール
at 2020-06-15 15:50
ハノイのショッピング プラカ..
at 2020-06-11 12:01
外部リンク
ブログジャンル
画像一覧